フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

星つき有名レストラン・シェフのクリスマス料理・・・

先日、ふとTVを観ていてあの有名な*Guy Martin (1991年からパレ・ロワイヤルの庭園の片隅にある"Grand Véfour"のシェフ、1995年からはプレジダン)のインタビューをやってました・・・・

興味があったのが,彼のクリスマスの晩餐・・・

インタビュアーに「クリスマスの晩餐のメニューはどんなものですか?」と訊かれたギィ・マルタン。
「実家で家族と過ごし、料理はパパがフォアグラと、シャポン(去勢鶏)料理を担当、僕は最初の牡蠣を開けるだけです!」
と答えてました。

そうなんですよね~12月25日の午前中まではフランス人は最後の買い物に走りまくりますが・・・その後は街はシーン!外国人だけになってしまいます。この時期に来た観光客は「パリって静かなのねぇ~」という事になるわけです。
民族大移動でかなりの人たちは帰郷。家族とクリスマス(ノエル)の晩餐をしますので,ほとんどのキャピタル(首都)の有名レストランはお休み・・・ノエル・年末特別メニューを出しているレストランはほとんどが観光客向けで値段は法外!けっこう暴利!と言うのがこの時期です・・・

*1957年2月3日生まれ。1999年、日本で"21世紀最大のシェフ"に選ばれ、le Gault et Millau もこの年の一番優れたシェフ(20点満点の19点!)に選びました。2000年には Michelinの3つ星(マカロン)を獲得!今、フランスで最も輝くシェフです。
*参照

*le Grand Véfour

*ル・グラン・ヴェフール(Le Grand Vefour)-グルマン・ピュスのレストラン紀行
[PR]
by naobossa | 2004-12-11 18:01 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://naobossa.exblog.jp/tb/1422957
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。