フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

サボテン料理

メキシコでは

一般的なものは、「ノパルと玉ねぎ、トマト、にんにく、ベーコン、チリ(唐辛子)を細かく刻んだものに、小さな干しエビを加えて炒めたもの」だそう・・・


日系メキシコ人独特の料理法としては、

「ノパルを細長く切ってから軽く茹でて、お砂糖と醤油で炒めてゴマを振り掛けた“ノパルのキンピラ”」

「ノパルをイカのように炙って、鰹節と醤油をかけて食べたり、茹でたノパルにだし汁と鰹節をかけたものなどは、そのトロトロ感はまるで昆布で、お酒の肴にもってこい」なんだそうです。
 
さらに、「白和え、ゴマ和え、ピーナッツ和え、味噌漬け、おひたし、酢のもの」等々・・・

*sabosabo.com
*うちわサボテン-ブルーミング・スケープ
*ブルーミング・スケープ

ノパル(うちわサボテン)には多糖体が多く含まれていて、この多糖体は多くの糖とたんぱく質で構成されている高分子化合物で、これを摂取することによって、腸内細菌が活発に活動する。すると、免疫力が向上するほか、活性酸素や、がんを抑制。さらに体内毒素を排出して血液や肌をきれいにするという。

うちわサボテン-食物繊維が多くて便秘に効果 より・・・・
[PR]
by naobossa | 2004-12-18 00:01 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://naobossa.exblog.jp/tb/1447864
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。