フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

ディジョンのマスタード

『フランスの食卓にマイユのマスタードのない所は無い。』と言われるほど必ずマスタードが塩や胡椒などと一緒に三ツ星レストランから家庭の食卓にまで並べられています。(フランス250年の伝統!)

・・・・日本ではこんなキャッチ・フレーズで紹介されているディジョン(ブルゴーニュの中心都市)の代表格マスタードMaille250年の歴史はすごいですねぇ~!!

日本では、『ねじキャップ式の瓶詰め』タイプのみの販売のようですが、フランスではこんなのもあります・・・・






他社も"瓶"を色々工夫して・・・使い終えたら、グラス(コップ)として使えるタイプも販売してます・・・・
amora.com




*maille.com
*moutarde.com
*ディジョン観光局オフィシャル・サイト
[PR]
by naobossa | 2004-12-21 20:23 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://naobossa.exblog.jp/tb/1461298
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kinoseikinosei at 2004-12-22 08:35
こんにちは、
私もグラスに使っていましたよ。
カシス入りの赤いマスタードもみかけたことがあるのですけど。召上った事あります?
Commented by naobossa at 2004-12-28 11:13
カシス入り?
ないです!!美味しいんでしょうかね~
何となく・・・パスです・・・^^

NAO
Commented by nyamco765 at 2004-12-28 17:36
フランス人って物を大事にするんですよね?貧乏性名私は
尊敬してしまいます。フランス人の方とネット取引したことがあるのですが
大変頭の低い方で恐縮し、しました。いろいろな人いると思いますけど
その人はかなりいい人でした。
Commented by naobossa at 2004-12-28 19:09
そうですね~
フランス人は第一インスピレーションがよくない人も多いんですが・・・長く付き合っていくと良さが分かる人が多いです。^^

モノを大切(長く使ったり、リサイクル)はフランス人のお得意芸です!
骨董市、蚤の市、アンティックショップ・・・皆大好き!もちろん、捨ててあるものも!^^

NAO