フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

■ムフタール界隈のスタバ(パリ)

先日久しぶりにムフタール界隈を散歩していて、いきなりスタバを発見・・・

スタバのウェブサイトで存在は知っていたのですが、実際に見るとやはり驚きます。このままでいったら、パリの街角はスタバだらけ。

僕自身は、日本でスタバを3度利用したのみ。パリのスタバは一度も利用してません。もちろん、ひとりひとりに尋ねたわけではありませんが、何となく、スタバでコーヒーを飲んでいる人はアングロサクソン系(英語をよく耳にします)旅行者が目立つような気がしないではありません。

僕は新しい物が好きで、ジャンクな物も嫌いでないので、スタバ、マクド、クイック、KFCなど別に嫌いではないのですが、せっかくパリ(フランス)に遊びに来て、利用しやすいから(気軽、どこでもある・・・)などの理由でこの類いのお店を利用、フランスの生きた文化であるキャフェを利用しないのはもったいないような感じがしてなりません。

ムフタール界隈のスタバ




[PR]
by naobossa | 2006-04-18 19:28 | ■キャフェ&レストラン | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://naobossa.exblog.jp/tb/3498645
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by しのぶん at 2006-04-19 09:16 x
スタバだらけっすね。
Commented by jambonfromage at 2006-04-19 13:07 x
私が留学してたころはフランスだけはスタバがない!といった感じでやっぱり違うなって思っていたのですが。。フランスの昔ながらのカフェを守りたいです。
Commented by naobossa at 2006-04-19 21:32
■しのぶんさん
でしょうー!!
NAO
Commented by naobossa at 2006-04-19 21:35
■jambonfromageさん
パリ市はいろいろパリのキャフェを守るために企画(イベント)を思案中のようですが。
いろんなものが、うまく共存できればいいのですが。如何せん、アメリカ物はどうも目立ちすぎて・・・困ります。

NAO