フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

■タバコが嫌いな人のために・・・

昨日は世界禁煙デーLA JOURNEE MONDIALE SANS TABACでした。

フランスでは度々、公共での全面禁煙法案が提出されてますが進行しないまま。
キャフェやレストランでの禁煙、喫煙席席のセパレートが法律的にも命じられているのですが現実は禁煙席でも灰皿が置いてあって、非喫煙者の方がまだまだ肩身の狭い思いをしている今日このごろです。

あんまり、禁煙禁煙って世が騒ぐので久しぶりに昨日、タバコを買いに行った次第ですがもちろん全然いつでも止められるし、吸い続ける気は全くありません。自分が禁煙して、一番気になったのが人のタバコの煙と臭い。もともと、タバコを止めて、パイプにしてから(吸っている期間)でも、人のタバコの煙と臭いが気になって、パリ/ボルドーを往復するTGV(現在は全車両禁煙ですが)も禁煙車両を選んでいたぐらいです。

家族のタバコのせいで病気になる子供や、職場の同僚のタバコを我慢する人たちは気の毒な限り。特に美味しい食事の最中の隣席から漂ってくるタバコの煙がすごく迷惑だったり・・・(いまだに、食後の一服は美味しいなぁと思いますが)。

ネットでパリのキャフェやサロンドテ、レストランの状況をちょっと調べてみました。

パリ6区の100パーセント禁煙店
少ないですね〜


100% non-fumeursCHRISTIAN CONSTANT


100% non-fumeursGIRAUDET

近く(マビヨン通り)でクネル販売もしています。


GUADEMAIA100% non-fumeurs


L'ARTISAN DE SAVEURS 100% non-fumeurs
L'EPI DUPIN 100% non-fumeurs
LE CONFITURIER100% non-fumeurs


LE PETIT VATEL 100% non-fumeurs



MAMIE GATEAUX 100% non-fumeurs

MARRIAGE FRERES100% non-fumeurs


MARIE THE100% non-fumeurs

PETER BEIER CHOCOLAT100% non-fumeurs



STARBUCKS COFFEE_Odéon100% non-fumeurs


-パリ6区の100パーセント禁煙店http://dnf.asso.fr/guide/zone_158.htm

-パリの100パーセント禁煙店http://dnf.asso.fr/guide/zone_78.htm
緑のボタンが100パーセント禁煙店
黄色のボタンが喫煙,禁煙席がセパレートになっている店
紫のボタンが Evin法(エヴァン厚生大臣が施行した禁煙法を尊重している店)

DNF(Les droits des Non-Fumeurs)-http://dnf.asso.fr/
DNF "Les droits des Non-Fumeurs"
5 passage Thiéré
75 011 PARIS
Tel/Fax : 01 42 77 06 56
[PR]
by naobossa | 2006-06-01 08:25 | ■キャフェ&レストラン | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://naobossa.exblog.jp/tb/3679802
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2006-06-01 10:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by naobossa at 2006-06-01 17:48
鍵コメントさま!ありがとう!

NAO