フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

■サンジェルマン界隈のキャフェAU CHAI DE L'ABBAYE

7・8年ぶりに入ったキャフェ・・・



15年前くらいは、毎日のように通っていたキャフェ。(当時は、1日最低3回はキャフェを利用していました)
何故、この店に通わなくなったんだろうか?はっきりとした理由はないんですが。(ひょっとして、サービスしてくれていたユーゴスラビア人のギャルソンがLOTOを3500万フラン当てたからヤッカミからかしらん。そのギャルソンは即お店を辞めましたが。まぁこれは余談です。)
このキャフェ、ポワラーヌの田舎パンを使ったタルティーヌ(サーモン、リエット、ハム)のほかロールキャベツが有名だったのですが・・・昨日、友達カップル(現在この店の常連)とこのキャフェに入る前に今はどう?って訊ねたら、タルティーヌもロールキャベツもどうやら健在のよう。

僕はこの日はおとなしくキャフェを。
友達カップルは、それぞれ、キャフェ・リエジョワ(Café liégeois)とペッシュ・メルバ(Pêche Melba)を注文。
このスイーツは懐かしいフランスのキャフェの定番。この他にはポワール・ベルエレーヌ,バナナ・スピリッツ、プロフィトロール・オ・ショコラもそういえばよくキャフェで注文したもんです。何故か、レストランの食事の後にレストランではなくキャフェで食べてましたね。(昔の話ですが・・・・)

フラッシュを使っていないので、どちらがどちらか分かりませんが、これがキャフェ・リエジョワ(Café liégeois)



こちらが、ペッシュ・メルバ(Pêche Melba)


このペッシュ・メルバ(Pêche Melba)はあの偉大な、近代フランス料理の祖、オーギュスト・エスコフィエが1892年に声楽家ネリー・メルバのために作ったデザートのようですね。





【AU CHAI DE L'ABBAYE】関連記事




【参考サイト】
-http://www.artculinaire.ch/recettes/desserts/dess2_0700.php4

-http://www.meilleurduchef.com/cgi/mdc/l/fr/recettes/poire_belle_helene_ill.html

-http://users.teledisnet.be/web/sdu02988/peche%20melba.htm

-http://fr.wikipedia.org/wiki/Poire

-http://fr.wikipedia.org/wiki/P%C3%AAche_%28fruit%29

-http://www.escoffier.or.jp/index-japonais.html

-http://www.escoffier.or.jp/bulletin25.html

[PR]
by naobossa | 2006-06-06 06:01 | ■キャフェ&レストラン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://naobossa.exblog.jp/tb/3699505
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。