フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

■日本人経営のワインバーにて

夏を告げるFETE DE LA MUSIQUE2006(第25回)を少しだけ楽しんで、日本から来た友達と、ちと込み入った話をするために、彼のリクエストでオペラ界隈の噂の日本人経営ワインバーに・・・

心地いいボサノバを聴きながらのワインとタパス風おつまみに満足。

食器はベルナルド,ナイフ・フォークはクリストフル、グラスはリーデル社製なんだそう。100種類以上のワインの中から割とリーズナブルなサンテステフ(ボルドー)の2000年を選びました。

照明がかなり暗いので、画像が・・・すみません。(このお店の前に、キャフェ、レストランで既にワインとビールを飲んでいたので、かなり画像が酔っぱらってるかも)








[PR]
by naobossa | 2006-06-22 22:16 | ■キャフェ&レストラン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://naobossa.exblog.jp/tb/3787353
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。