フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

■ガレット・デ・ロワ galette des Rois

ガレット・デ・ロア(galette des rois)

『仏の各地方で少しずつことにするが、ポピュラーなものは王冠がのったパイにアーモンドクリームが入ったパイ菓子で、1月6日(キリスト教のエビファニー(仏:Epiphanie)公現節)に切り分けて食べ、中にフェーブ(そら豆の意)と呼ばれる陶製の小さな人形が入っていた人は紙で作った王冠を被り、祝福を受け、その幸運は1年間継続する。

1月1日の14時に売り出されるのが慣習になっている。 フランス人はこれを食べないと一年が始まらないという。 日本でも、このお菓子を置く店が増えている』ガレット・デ・ロワ出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

12月31日のバスティーユのマルシェ
a0014299_195015100.jpg


a0014299_19503983.jpg


12月31日のLENOTRE(バスティーユ界隈)

a0014299_19515980.jpg


a0014299_19522410.jpg


a0014299_19524459.jpg


1月1日のMULOT(サンジェルマン界隈)
a0014299_19534746.jpg


1月1日のLA BONBONNIERE(サンジェルマン界隈)
a0014299_19543433.jpg


a0014299_19545531.jpg


1月1日のCARTON(サンジェルマン界隈)
a0014299_19554011.jpg


新しいタイプのガレット
a0014299_19561798.jpg



【関連記事】
ガレット・デ・ロワgalette des Rois

【参考サイト】
ガレット・デ・ロワ出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Galette des Rois

【日本でめぐり合うガレット・デ・ロワ】
楽天市場
[PR]
by naobossa | 2007-01-03 20:08 | ■食情報 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://naobossa.exblog.jp/tb/4935473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by piano at 2007-01-04 04:58 x
ガレットの時期になってきましたね”って言ってもクリスマス前から店頭で見かける所もありますが。。。
ガレットは私の好きなケーキの1つでもあります”
だって=中にフェーブが入ってるのがワクワクして楽し〜いから!
でも、一度も当たった事はありません・・・
今年は当たるかな??王冠、かぶりたいな〜〜

Commented by naobossa at 2007-01-05 01:27
■pianoさん
今年のガレット・・・7区のパン屋とMONGEのを狙ってますが・・・

NAO