フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

■アンジェリーナANGELINA(サロン・ド・テ)PARIS

日曜日のアンジェリーナ
a0014299_165746.jpg


a0014299_16571936.jpg


a0014299_16573669.jpg


a0014299_16575294.jpg


相変わらずの人気店、老舗Angélina

随分前に噂のモンブランを食したことがありますが、大失敗。

ショコラ(ホットココア)と一緒に注文・・・あまりの量に食べきれなかった覚えが。(今なら平気ですが)
しかも、メレンゲがいまいち苦手なので。上部(マロン)はとても美味しかったのに・・・スポンジ(ジェノワーズ)だったらうれしいいのに・・・・


【参考サイト】
Angélina 

アンジェリーナ(フランス菓子) 

サロン・ド・テ・アンジェリーナ 

モンブラン (ケーキ)出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で 
『このケーキの誕生については、主として、モンブランを看板メニューとするパリの老舗カフェ「アンジェリーナ」でとする説と、東京・自由が丘の「モンブラン」でとする説がある。

前者は、このカフェの創業が1907年である事を根拠とするが、モンブランがメニューに加えられた時期が定かでない。対して後者は、初代の店主が1933年にフランス・シャモニーを旅した際に見たモンブラン山の美しさを、帰国後にケーキで表現した事を根拠とするが、モンブラン山の麓のカフェで供されていた「モンブラン」という菓子を参考にしたともされている。また、日本独特の黄色いモンブランをフランスが逆輸入しフランス流にアレンジするのも不自然であり、こちらも本物の元祖であるのかは定かでない』
という記事を見つけた。

モンブラン(東京自由が丘) 

真相が知りたいです。

[PR]
by naobossa | 2007-02-27 17:10 | ■キャフェ&レストラン | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://naobossa.exblog.jp/tb/5174857
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gromit4691 at 2007-02-27 22:43
NAOさん、アンジェリーナ混んでますねぇ。。。
モンブランは、お昼を抜いて食べに行かないと完食出来ないですよ;量が半端じゃなく多いですね。
モンブランの発症の地は日本てTVで最近見た記憶が。。。自由が丘だったかも。
Commented by maqui-cafe at 2007-02-27 23:16
わたしは日本のハーフサイズしか食べられません・・・
それも、ショコラと一緒だなんて・・・NAOさんたら、やりますね!!
わたしは超濃いコーヒーと一緒じゃなくっちゃダメそう・・・
それにしてもホントにすごい人気なんですね。
友達で、ここの大ファンがいて、旅行の初日と最終日に必ずここで
ランチをするんです。
でも、銀座にあるアンジェリーナのサロンドテは、そんなに混んでいません。やっぱりあの雰囲気、あの佇まいなのですね・・・。
Commented by ポムポム at 2007-02-28 02:16 x
えっ!
アンジェリーナ、ものすごい行列なんですね。驚きました。
私が通りがかる時はいつもそんなに混んでいなかったので…
私は遠い昔、銀座のアンジェリーナでモンブラン(もちろんハーフ)を食べた時あの重すぎる甘さに途中で挫折してしまったので、パリのアンジェリーナにも行ったことがないんです(^^;)

自由が丘のモンブランにも行ったことがあります。
子供の頃からその近くで育った父が「あそこは美味しい」というので行ったんですが…
う〜〜ん、昔の味って感じでしたね。
それぞれ好みがあるのでなんとも言えませんが、今は国内だけでも色んなお菓子を食べられますからね(笑)
さて元祖はどっちでしょうね〜〜??
Commented by naobossa at 2007-03-03 06:59
■gromit4691さん
>モンブランは、お昼を抜いて食べに行かないと完食出来ないですよ
確かに!

NAO
Commented by naobossa at 2007-03-03 07:00
■maqui-cafe さん
僕も散歩していて通りかかったのですが・・・あまりの列に驚きました。

NAO
Commented by naobossa at 2007-03-03 07:01
■ポムポム さん

是非、今度はパリのモンブランをアンジェリーナで!!

NAO