フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

■カマンベールが消える日L'avenir du camembert au lait cru

大手カマンベール製造業者、Lactalis社、Isigny社が4月1日から一時的にAOCを名乗ることを中止すると発表

カマンベールは原料の生乳を37度以上に温めず製造される白カビタイプのチーズで、
病原微生物に弱く、これまでにも何回か病原微生物が検出された。このため食品衛生上の観点から37度以上に加熱する新しいタイプのカマンベール製造業者が増加。

ミクロフィルターでろ過したミルクの使用の伝統的カマンベール業者であるLactalis社、Isigny社はINAOに対し、カマンベール・ド・ノルマンディーに37度以上に加熱したものか、ミクロフィルターでろ過したミルクの使用もあわせて認めるよう、要望を出していた。しかし3月にINAOが、現在のAOCの規定を変更しないとの結論を出したため、AOCでの販売をやめることとしたという。

フランスにも、ますます、菌によわい過保護(やわな)消費者が増えそう・・・

『カマンベール・ド・ノルマンディーの大手の造り手であるLactalis社とIsigny
社が、4月1日から一時的にAOCを名乗ることを中止すると発表した、と4月7日
付のフィガロ紙は報じている。
カマンベール・ド・ノルマンディーは、ブリーとともに、フランスで唯一、原
料の生乳を37度以上に温めてはいけない白カビタイプのチーズである。生乳を
使うカマンベールは病原微生物に弱く、これまでにも何回か病原微生物が検出
された。このため食品衛生上の観点から、両社はINAOに対し、カマンベール・
ド・ノルマンディーに37度以上に加熱したものか、ミクロフィルターでろ過し
たミルクの使用もあわせて認めるよう、要望を出していた。しかし3月にINAO
が、現在のAOCの規定を変更しないとの結論を出したため、AOCでの販売をやめ
ることとしたという。なお、両社で、カマンベール・ド・ノルマンディーの販
売量の80%以上を生産している。
(Le Figaro et vous,07/04;Le Monde,14/03;universfromage,15/03)』
引用元:「フランス食品振興会発行メールマガジンhttp://www.franceshoku.com/


【参考サイト】

カマンベールチーズ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 

http://fr.wikipedia.org/ 

【チーズ】カテゴリー 

日本で食す白カビチーズ(楽天市場)
[PR]
by naobossa | 2007-04-26 20:11 | ■食情報 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://naobossa.exblog.jp/tb/5488830
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jaguarmen_99 at 2007-04-26 20:39
AOCじたいが権威あるものと聞き及びますので、それをぱっと蹴ってしまうっていう判断もナニか勇気があるように思いました。
Commented by hiraidenaoya at 2007-04-30 07:35
■jaguarmen_99さん
なるほどなるほど・・・

NAO