フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

■庶民の味方もヴァカンスへ(パリ)

パンテオン界隈を散歩していて、最近、ご無沙汰している安中華のパトロンと遭遇・・・

3週間ヴァカンス。どこにも行かずパリで休息とのこと。
彼を見ていると、いつも、超忙しく働いているので、もう少しスローにしないと心臓に悪いよと思うのだが。注文を取る時も、すごく早口で・・・始めての人は多分、かなり驚くだろう。こちらも料理が出されるまでは落ち着かない。

何時だったろうか、会計をする時に、僕の財布の中のLOTOの受け取りシートを彼が見つけ、それからは、彼との共通の話題はいつもLOTOの話。昨日も、LOTOの話で盛り上がった。フランス人はイギリス人、ドイツ人に比べ、お金持ちになる方法はLOTO(コツコツ働いて金持ちになるのではない)と信じている人口がダントツに多いんだそう。

a0014299_1811505.jpg


a0014299_1812567.jpg



■パリの安中華(75005パリ5区) 


【中華】関連記事 

【パンテオン界隈】関連記事 



*タグ、カテゴリをクリックする事により過去ログにアクセスできますが、コチラ の検索窓のキーワードをいれると、より早く、『フランス落書き帳』『フランス美食村』の過去ログにアクセス出来ます。


【今のパリを観るWEBCAM】
http://infos-trafic-paris.tf1.fr/ 

【今のパリの天気を知る】
http://www.meteo-paris.com/

【今日のフランスの天気を知る】
http://www.meteofrance.com/




STICKAM JAPAN
*スティッカムTVは、ユーザーであるアナタが企画・構成・制作するコンテンツをTV番組形式で配信するプログラムです
☆フランスでオンラインストアを作るなら無料で5分で出来るZLIOがオススメ。

naoparisのオンラインブティック(フランス)

日本をフランス語で読む 

世界のホテルを格安予約


ヨーロッパで車を借りるならAVIS(英・仏語)

【イーバンク】はネットのお財布です!



■フランスADSL事情 



[PR]
by naobossa | 2007-08-15 18:23 | ■キャフェ&レストラン | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://naobossa.exblog.jp/tb/6000825
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mackybar at 2007-08-15 19:36 x
フランスは自給自足率百パーセント以上の国。確かに広大な畑、国の面積に見合った人口。方やニッポン、狭い国土、米すら輸入に頼る昨今、日々よく働く国民、お上に反抗せずデモやストはほとんど無し。これなのにナゼ、優雅な生活が出来ないのでしょう?特に思うに、飲食業界や小売店、休めませんって、年中無休が当たり前になってしまいましたよ。こんな国、脱出したいです、私。・・・と今日はボヤいてしまいました、ね。
Commented by hiraidenaoya at 2007-08-15 22:13
■mackybar さん
おお〜お疲れのようですね。それとも、猛暑のせいかしらん。
リラックスしてくださいね・・・ボサノバでも聞きながら。

フランス人、言いたい事いって、文句を言って、ストやって,デモやって・・・でも、ちゃんと、機構は動いてます。少なからず,僕が着た1975年から今迄は・・・

そして、みんな、休みをとり(どこかに出かけなくても・・・)年間5週間は最低(自営業やフリーランスは無理ですが)

若くして退職、世界を旅している人、フランス中旅している人・・・いろいろ、僕のまわりにいますが・・・優雅そうです(精神的に)

もう一度・・・
ちょっと、ブレイクして、ボサノバでも聞いて下さいな!

NAO
Commented by sakae at 2007-08-15 22:24 x
ふと思った事。
1・家賃の高いパリでみなヴァカンスをとれるのが不思議でしょうがない。
2・個人的に落書き帳のコメントは書けるが美食村ににコメント入れられないだろうと、思っていたのに最近美食村の方がコメントが多くなっているsaake
3・Naoさんがいつ米帰りするのか?
                      以上
Commented by たんぽぽ at 2007-08-15 23:53 x
ここの中華レストラン、私が初めてパリに行った21年前に、偶然見つけ、その安さと美味しさに感激して以来、パリに行くたびに、必ず寄るレストランです。以前は白い上着に蝶ネクタイの年配フランス人が支給していて、この人がオーナーかな?と思っていましたが、いつからか、その人がいなくなってしまいましたね。確かにオーナーの早口、俊敏な動きには圧倒されますね(笑)ずーっと変わらずにあるので、扉を開けると何だか嬉しくなります。NAOさんが紹介していたのも嬉しいです。
Commented by naobossa at 2007-08-20 06:10
■sakae さん
1)何故,日本では、みんなが一所懸命働いているのに優雅に生活が出来ないのか・・・逆に不思議。だれかが、とんでもなく搾取してるんじゃ?

2)sakaeさんのコメント、歓迎ですよ!(時々,どう答えたら分からない時もありますが・・・・)

3)冬になったら?恋人が出来たら?・・・・

NAO
Commented by naobossa at 2007-08-20 06:12
■たんぽぽさん

おお〜21年前ですか!このお店の大先輩ですね。

このお店の良心的価格(ユーロになった時も、切り上げないでそのまんま換算して・・・メニュ5,79ユーロ!なんて・・・いいじゃないですか。ウレシイ)

NAO