フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

2004年 12月 16日 ( 5 )

今日のニュースから・・・・

フランスではT.V.A(taxe à la valeur ajoutée)といって付加価値税が商品(サービスにも)に加算されてますがこの40年間変わっていないのがチョコレートの税率。

一般食品は5、50パーセントのTVA 
高級食材などは19、60パーセントのTVA

チョコレートはキャビアと同じで19、60パーセント!!

なのに・・・

ブラック板チョコは5、50パーセント
ミルク板チョコは19、60パーセント

ブラック・チョコレートも四角以外は19、60パーセント!!

意味がよくわかりません!

*因みにフランス人のチョコレート消費量は1人7キロ/年間だそうです!!

マクドでハンバーガーを食べると5、50パーセント
となりのキャフェでサンドイッチを食べると19、60パーセント
・・・そりゃキャフェのおっさんも怒るわい!!テイク・アウト(お持ち帰り)は両方とも5、50パーセント

CDは19、60パーセント書籍は5、50パーセント

CDとレストラン・キャフェの付加価値税が5、50パーセントに下がってくれたら・・・うれしいっ!!
[PR]
by naobossa | 2004-12-16 23:43 | ■食情報 | Trackback | Comments(6)

パンで作ったリース

ブログ仲間がパンで作ったリースです!!

是非ご覧になってくださいな!! クリック!!
[PR]
by naobossa | 2004-12-16 20:28 | Trackback | Comments(0)
てなわけで・・・・

今回は"平たソーセージ"のご紹介!!
名前は、crépinette 網脂(crépine)で包んだ平たいソーセージです。



単純にただ焼いて・・・今回はクルジェット(ズキーニ)と一緒に!
ご飯(お米)によく合います!^^


[PR]
by naobossa | 2004-12-16 19:00 | Trackback | Comments(4)
今年は缶詰・瓶詰"誕生200周年"なんだそうです!

缶詰製造原理の始祖は*ニコラ・アペールNICOLAS APPERT(1749~1841)
1749年11月17日フランスは シャンパーニュ地方Champagneのシャロン Châlons ( 16 place Saint Jean)と言う町で生まれました。

*食物を完全密閉した入れ物に入れて100℃で適切時間加熱すると長期保管が可能である事を発見。

*PERSONNAGES CELEBRES
*NICOLAS APPERT
*NICOLAS APPERT

*缶詰(かんづめ)/フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia)』

*ニコラ・アペールの肖像-(社)日本缶詰協会
*缶詰・瓶詰"誕生200周年"-(社)日本缶詰協会

*(社)日本缶詰協会のオフィシャルサイト
[PR]
by naobossa | 2004-12-16 07:49 | Trackback | Comments(0)

「kanso」

「kanso」・・・・・なんじゃそれ?
一発で分かった人は"関西人"!!

アテは缶詰だけという大阪南堀江のバー「kanso」国内はもとより、世界中から集めた缶詰が150から200種類あるという!!

北海道産の「とどカレー」、「えぞじかカレー」、浜名湖の「うなぎの肝」鶏の足先を甘辛く煮た中国産の『鮮火作鳳凰爪』、ブラジルの『コンビーフ』、韓国の『タニシ』、オーストラリアの『缶ワイン』・・・・色々試してみたいっ!!


●缶詰バー「kanso」の人気缶詰ベスト10


(1)サバカレー 350円
(2)やきとり・たれ味 200円
(3)やきとり・塩味 200円
(4)さんま蒲焼 200円
(5)ポパイポテト 200円
(6)コンビーフ&ポテト 350円
(7)オイルサーディン 350円
(8)鮭大根 200円
(9)いわし蒲焼 200円
(10)いか 200円

人気「缶詰」ベスト10


「kanso」に行かれた方は是非レポートをお願いします!!^^
[PR]
by naobossa | 2004-12-16 01:44 | Trackback | Comments(4)