フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

2004年 12月 17日 ( 2 )

アラブ料理に欠かせないのがこのアリサ(トウガラシのペースト)・・・

これはチュニジア産です



【モロッコ風鍋タジン Tajin Marocain】は以前にご紹介しましたが、今回は鶏肉とラムを使いました。



1970年代、パリのレ・アールに住んでいた時、アパルトマンの近くに"アラブ・サンド屋"があって丸いパンの中にレタス・生オニオン・トマトとツナが入っていてこのアリサがたっぷり塗られていたサンドイッチが最高に美味しかったのですが・・・最近、ケバブばかりで見かけません。
[PR]
by naobossa | 2004-12-17 19:51 | ■食情報 | Trackback | Comments(0)

■パテ pâté

何かと便利なのがこの"パテ"・・・

いろんな種類がありますが今回はボルドー地方で(ローカル的に)有名なパテのメーカーのものを食してみました。



これは豚の肝臓のパテです・・・



缶切り必用なしタイプの缶詰がフランスでも主流になってきましたね・・・前回缶詰の歴史にちらっと触れましたが・・当時,缶切りは発明されてなかったんですね!大変だったそうです・・・あけるのに!



パテはバゲットやトーストにしっかり塗って!!フォワグラは絶対に塗っちゃダメですよ!!こすり付けない事ですよ!パンに・・・^^乗っけて上品に食します・・・(人が見てなくても・・・ダメです!)
[PR]
by naobossa | 2004-12-17 03:01 | ■食情報 | Trackback | Comments(4)