フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

2004年 12月 19日 ( 5 )



フランスで一般的に使われているのがこの葱ネギ poireaux
主に、サラダやスープに使われます。

このほかに、シブレットciboulette シブールciboule アイエaillet などを料理によって使い分けてます。



*【ポワローネギのキッシュquiche aux poireaux】
*「ネギ」-野菜図鑑

*茨城県阿見町で作られている和製ポワローは1本800円くらいだそうで!
[PR]
by naobossa | 2004-12-19 18:54 | ■食情報 | Trackback | Comments(2)
カスピ海の天然キャビア絶滅の危機?

と騒がれている中、アキテーヌ地方(ボルドー)で1995年から"チョウザメ"esturgeonの養殖を開始、今年の生産量は10トンを超すという今とても元気な会社がSturgeon、本社はSaint-Sulpice et Cameyrac (ボルドーから車で20分。)

*1995年の段階でイランとロシア産のキャビアは450トン、今年はたったの80トン

現在、全生産の60パーセントは輸出しているそうですが、ロシア産のキャビアの1/4の価格で味も申し分のない上品なものとのことで、アキテーヌ・キャビアを使うグラン・シェフが増えているそうです。


Caviar & Traditions - 30g    38,80ユーロー
Caviar & Traditions - 50g    62,70ユーロー

Caviar & Traditions - 1000g  1147,37ユーロー


*価格caviaretprestige.com

*caviaretprestige.com

*http://www.kaviar.com/
[PR]
by naobossa | 2004-12-19 06:06 | ■食情報 | Trackback(1) | Comments(4)

日本の新製品

日本の新製品・・・
いつも感心させられるものが多いですが、特にこの「骨までおいしい魚」には驚きです!

『加圧加熱処理のため、骨まで柔らかく、電子レンジ2-3分の簡単調理で済む・・』・いいなぁ~こういう便利モノ!

切磋琢磨の努力、アイデア、実行力・・・フランスでも重宝がられると思いますが・・・もうじきフランスで販売されるかも?

*【骨までおいしい魚を開発「マルハ」冷凍食品事業部部長 】
*「骨までおいしい魚」-マルハ株式会社WEBサイト

10年前は誰も見向きもしなかった*SURIMI(カニカマ)も今ではあたりまえにフランスのスーパーに並んでいます。
*SURIMI-『フランス落書き帳』
2004年3月15日
[PR]
by naobossa | 2004-12-19 05:31 | Trackback(1) | Comments(4)

便利物(インスタント)






最近見つけて、いつか使うだろうと思って戸棚にしまってありますが・・・(まだ一度も試してません!)

crûton(クルトン、さいの目に切ったパンをバターまたは油で揚げたもの)入りです。

いつものようにヴィネグレットを作りサラダ菜を加え、袋の中味を混ぜると言うものですが・・・パセリ・エシャロット風味の粉末です。(目新しかったのでついつい・・・これって"中途半端物"かも?)
[PR]
by naobossa | 2004-12-19 03:28 | Trackback | Comments(2)

肉屋さん



ボルドーの中心街にあるお肉屋さん。ひょんなことでハム類を買うために入ったお店。
この反対側もブタさんのコレクションだらけ!!

いやぁ~ブタが好きなんですね!!店主!!

ウチの近くじゃないので通えないのが残念です・・・
[PR]
by naobossa | 2004-12-19 03:17 | Trackback | Comments(4)