フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

2004年 12月 20日 ( 3 )

シャンパン、シャンペンとも呼ばれていますがフランス語ではシャンパーニュ・・・フェット fête(お祭り、祝宴、パーティー)には欠かせないもの!僕はこの手の発砲系のアルコールはちと苦手なのですが・・・お付き合いで2・3杯は大丈夫^^

シャンパーニュ (Champagne) は、フランスの地方の名称で、フランスの北東部に存在します。発泡ワイン(スパークリング・ワイン)の代名詞ともいえる「シャンパン」(Champagne) の原産地です。
*コニャクと共にこの地方で出来たものだけを『シャンパーニュ』と呼べます。

*コニャック (Cognac) は、フランスのコニャック市周辺で産出されるブランデーの名称。
*cognac-world.com
*le-cognac.com
*シャンパーニュ・オフィシャルサイト-champagne.fr
*『シャンパーニュ』-kurashi web
*日本で飲めるシャンパーニュを『ふらんす・あらかると』のトップ・ページにアップしてあります!

ウチの隣りのワイン屋のお勧めシャンパーニュ、手ごろな値段(20ユーローちょっと)で飲みやすいです・・・

[PR]
by naobossa | 2004-12-20 20:31 | 【シャンパーニュCHAMPAGNE】 | Trackback | Comments(0)

辛いもの・・・・

フランス人は一般的に"辛いもの"は苦手のよう・・・・その他、極端に"熱いもの・冷たいもの"もお苦手のようです。

キャフェなどでグラスに氷が入っていると・・・わざわざ捨てたり、ファースト・フード店でドリンクを貰う時、「クラッシュアイスは要らないわ!」なんて。・・・はじめは、氷(クラッシュ・アイス)の分量が少なくなるから"氷は要らない"って言っているのだとばかり思ってましたが冷たいのが苦手なんですね!(歯が敏感で冷たいものがしみるからと言う人も少なくないみたいで・・・)

スープ類も昔はかなり"ぬるく"て・・・なんでもっと熱いものをサービスしないんだろう?って思ってました。これまた"猫舌"の人も多いようで・・

この10年で、フランス人の好みは随分と変わったと思います。熱いスープも飲むようになったし、製氷機なんて知らないキャフェがいっぱいだったのに、今じゃ"氷"がんがん入れてくるし・・みんな平気な顔して飲んでるし。

フランス人の味覚(好み)は時代とともにゆっくり現代化しているような感じがします。なるべくもっとゆっくりと変わっていって欲しいと願うばかりですが・・・

話が随分長くなりました・・・・

今日は、年末でもあるしそろそろ片付け・掃除をなんて"ちょっと"だけ思い、戸棚や冷蔵庫の中を整理していてふと思ったのが"辛い"もの調味料の多いこと!だったんです。

フランス人カップルだったらこれだけはないだろうなぁ~せいぜい、胡椒とマスタードくらい?

【ウチに常時置いてある"辛いもの"シリーズをご紹介です!!】

左の瓶はバスク地方esperette の" piment d'esperette"






中味は七味です・・・












カメルーン(アフリカ)黒胡椒とプジョーの胡椒挽き



















[PR]
by naobossa | 2004-12-20 07:23 | Trackback(1) | Comments(13)

お菓子

最近ウチでヒットしているお菓子・・・

ブルターニュ名物らしいですが、2種類(メーカー)ほとんど同じ感じ。ブラック・チョコレートに包まれたクレープ(クッキータイプ)です。一社のは既に日本に輸出されていて、フランスで売られているパッケージにも日本語でいろんな説明が明記されてます。

『ガヴォットは、クレープを焼き菓子にしたフランス・ブルターニュ地方のユニークな伝統菓子。クッキーとしては世界一の薄さとも言える0.7mmの薄焼きクレープを重ね、サクサクとした軽い歯触りに仕上げました』とのことです・・・・・

*ガヴォット /【GAVOTTES (ダークチョコクレープクッキー)】-日仏貿易株式会社WEBサイト
*【GAVOTTES】 -LOC MARIA

【プチットゥ・クレープ・ドンテルpetites crêpes dentelle】



こちらはマイナーメーカーのものですが味は全然変わりませんでした!こちらの値段はガヴォットのほぼ半額の0,88ユーロー!!(安~いっ!^^)
[PR]
by naobossa | 2004-12-20 01:14 | Trackback | Comments(5)