フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

2006年 04月 02日 ( 2 )

■シノワCHINOIS


パリの友達と久しぶりに夕食・・・

オデオンのニセジャポ(中国・ベトナム人経営の日本レストラン)で食事をした後、甘い物が欲しい!と騒ぎだした友達につき合って(あくまでも"つき合って")ほとんど閉まりかけていたスーパー(このスーパーは21時閉店)に飛び込んで買ったのがこれ。





名前はシノワ。
って、中国人とか中国ものとかの意味。スープや粉などを漉す円錐形の"こし器"もシノワ(これは中国帽に似ているからの命名だそうですが)

何故、このお菓子がシノワ?

シノワメーカーで有名なLA FOURNEE DOREE-http://www.lafourneedoree.fr/

いろんな種類のシノワhttp://www.lafourneedoree.fr/

主要材料はこんなもの
小麦粉350g
バター125g
卵3個
粉砂糖40g
ベーキングパウダーlevure de boulanger15 g
牛乳10 cl
塩少々

後はカスタードクリームcreme patissièreとトップ用のsiropにラム酒。


スーパーで買うお菓子にしては4ユーロー弱ちと高いかも?(美味しくてあっという間になくなるので・・・)

ボルドーのスーパーで買ったシノワ


シノワ(こし器)

[PR]
by naobossa | 2006-04-02 18:05 | ■食情報 | Trackback | Comments(4)

3月初めから、本当、1ヶ月のボルドー滞在の間、天気がよかったのは4・5日・・・

全然、冬の間に汚れたテラスの掃除も出来ないまま日が過ぎて、雨の日が続きました。
やっと、気温が上がり、太陽が朝から顔を出した先週、テラスを掃除、昼食を太陽を浴びながら楽しみました。

まぁ、独りでだったので、シポ(CHIPOLATA)を焼いただけですが、何だかいい気分でした。太陽は必要!!



出張から帰ってきたウチの彼女と夕方アペリティフを・・・




バスク産のアペリティフなんだそう。ちと甘くて、変わった味でした。(個人的にはマルティニかポルトのほうがいいかなぁ〜)

[PR]
by naobossa | 2006-04-02 00:53 | ■食情報 | Trackback | Comments(0)