フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

2006年 04月 26日 ( 2 )

■クランブル

先日、久しぶりにウチの彼女の両親宅での夕食・・・

アペリティフに、プラムをベーコンで巻いてオーブンで温めたもの、前菜にネム(自家製。アジア料理を習った事がないのにレシピだけでフランス人がネムを作るだけでも僕にとっては驚き!なのに、それが美味しくて2度驚き)。メインは大人が7人子供が2人でのラクレット。チーズとサラダ(両親のウチはよくサラダはメインの後,チーズと一緒が多いです)、子供にはチャーハン(4才の男児,チャーハンが大好物だそう。お母さんはオーストラリア人、お父さんはフランス人)。彼がよそ見をしている間に何度か食べさせてもらいましたが、これまた美味しかった。因に、フランスではチャーハンは一般的にRIZ CANTONAIS(広東風ご飯)と呼ばれてます。




デザートにクランブル・・・



クルミ入りクランブル。バニラアイスと食しましたが、これが美味!よく合ってました。




■リンゴのクランブルCrumble aux pommes


りんごのクランブルhttp://www.kashi-kashi.com/

[PR]
by naobossa | 2006-04-26 18:09 | ■食情報 | Trackback | Comments(0)
このエリアを散歩すると、あまりのレストランの多さに毎回圧倒されます・・・

アラブ、イタリア、中華、ニセジャポ(ニセ日本料理)、フランス、ギリシャ・トルコ・・・ギリシャ・トルコ料理はケバブが中心で、リーズナブルでボリュームたっぷり、一日中営業なのでいつも学生や観光客で大賑わい。その他、クレープ屋、マクド,ハーゲンダーツ、イタリアジェラート専門店・・・













有名なジャズダンシングクラブ


1540年から"釣りをする猫"通りと呼ばれているそう。当時、釣り人のためのお店があって、そのお店の名前から取ったそう。通り抜けるとセーヌに出ます。







▲TOP

[PR]
by naobossa | 2006-04-26 04:38 | 【サンミッシェル界隈】 | Trackback | Comments(4)