フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

2006年 04月 30日 ( 3 )


やはり、季節の話題なんですね。最近、メディアでよく苺イチゴFRAISEの話題になるのですが、今朝のラジオでは、ハイハットのシェフパティシエが"イチゴのすみれシロップ漬け"を語っておりました。

■特注ガトーバスク

シロップ(水500に対して80gの砂糖)にすみれの花びらを適当にいれてしばらく放置。苺イチゴは、さっと洗ってからヘタを取り,縦に半分に切ってこのシロップにつけて1時間くらい冷蔵庫で保管してから食すといい感じだそうです。イチゴ以外に、キイチゴFRAMBOISE、カシスCASSISでも応用できそうです。



【参考サイト】
-http://www.supertoinette.com/fiches_recettes/fiche_fraise.htm
-http://www.saveursdumonde.net/ency_4/fraise/fraise.htm
-http://www.snv.jussieu.fr/bmedia/Fruits/fraise.htm



Click for Paris, France Forecast

[PR]
by naobossa | 2006-04-30 19:18 | ■食情報 | Trackback | Comments(4)
先月、フランスで発表された、新しい形の果物・・・

新鮮な果物をバー(棒状)にしてフレッシュパックされたもの。
0℃から4℃で14日保存可能。保存料・添加物は一切使用されていないとの事。
現在、パイナップルとメロンのみです。
製造・販売するのはマルセイユの会社。
-http://www.coeurdefruit.com/
-http://www.coeurdefruit.com/fiche_ananas.pdf

もひとつは、 Mareuil les Meaux にある Delifruitが販売しているキューブ状の果物。(主にフルーツサラダに使われているそう)
フルーツは、リンゴ,マンゴ、キウイなど多種。
-http://www.c2afrais.com/


-http://www.radiofrance.fr/thematiques/gout/dossier/dossier.php?rid=265000063&aid=0&formtype=dossier&arch=1
[PR]
by naobossa | 2006-04-30 05:45 | ■食情報 | Trackback | Comments(1)

以前(かなり前)【お好み焼きが主役のファーストフードが登場】というエキサイトの記事を読んで、すーっと気になっているのが和のファーストフード"華円(はなまる)"の「お好み焼きバーガー」

記事の内容は・・・
『華円(はなまる)とは、岡本オーナーが提案する和のファーストフード。直径約10センチのお好み焼きの生地で様々な具を挟んだ、道具を使わずに素手で気軽に食べられるお好み焼きだ。商品名であり、昨年10月4日にオープンした店舗名でもある「華円」は、現在商標登録出願中。円は始まりも終わりもなく誰でも受け入れる懐の広いイメージというのが、名前の由来だ』

こんな感じ。

今日、たまたまネットサーフをしてて、また上記の記事にぶつかったんで、早速、本家のHPを覗いてみました。
-
華円(はなまる)http://www.hanamaru-jp.com/
-メニューhttp://www.hanamaru-jp.com/menu.php

和のハンディフード『華円』
華円(はなまる)は、従来のお好み焼きでは出来なかった素手で持って食べることができるようお好み焼きの生地で具材をはさみ、スタイルにこだわらず楽しめる"お好み焼きの枠を超えた新しい形の和食"です。・・・なんだそうです。

このお店の特製ソースが"寒天ソース"。『華円のためだけに開発した当店独自のソースで、なぜ通常のソースでは使用できないかというと、通常の液状のソースだと手で持った場合に「ぼとぼと」たれてしまい、楽しむどころか苦しんでしまうのが関の山。その「ぼとぼと」を防ぐために考え出したのがこのソース』"寒天ソース"より・・・
なんだそうです。

フランスに進出してくれないかしらん?
[PR]
by naobossa | 2006-04-30 02:36 | ■食情報 | Trackback | Comments(0)