フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

<   2004年 12月 ( 63 )   > この月の画像一覧

板チョコ

手作りショコラ(チョコレート)は問題外に"美味"ですが・・・

毎日食べるにはちと高い!てなわけで、よく買うウチがはまっているショコラがこのふたつ。
ヘーゼル・ナッツが丸ごと,しかも"いっぱい"はいったホワイトとミルク・チョコレートでベルギー製。"お洒落"なんて全く感じさせない内容だけで存在するようなスーパーのオリジナル製品です。

一枚、すっしりと重い200グラム!200円は文句ないでしょ!?

ホワイトはチョコレートじゃない!邪道!って誰が言った?僕はホワイト・チョコレート大好きです!^^



[PR]
by naobossa | 2004-12-13 18:23 | Trackback | Comments(8)

スープ soupe、potage

前回ご紹介したポテ potéeの野菜・お汁を少々とっておいて・・・・

ハンド・ミキサーで!!

バターの欠片を落として食します・・・・冬は嫌いですが・・・冬の食べ物は大好き!野菜がたくさん入ったスープは格別です!^^



*本来soupeは野菜がたっぷりはいった庶民的なスープ potageはコンソメ・スープ・裏ごし野菜のスープなど上等なものを指すと仏語辞書には明記されてました・・・
[PR]
by naobossa | 2004-12-13 18:08 | Trackback | Comments(0)
フランスの一般的なクリスマス・ケーキはbûche de Noël(ビュシュ・ドゥ・ノエル 薪の形をしたバター・クリームcrème au beurreがベースのケーキ)・・・

バター・クリームがあまり得意ではないので今までついつい敬遠しがちでしたが、むかえのお菓子屋のクリスマス・ケーキを試してみました!
*とりあえずトライしてみようという事で一人用を買いました・・・




大正解!^^
バター・クリームもくどくなく上品でスポンジと程よく混ぜ合わさっていけてました!!
[PR]
by naobossa | 2004-12-12 20:20 | ■食情報 | Trackback | Comments(8)
ピンクレディー(懐かしい響きですが・・・)、林檎pommeの名前・・・・

デリシャスla pomme jaune Délicieuse とレディー・ウイリアムスla Lady Williams
をかけて作られた林檎。カナダでは1985年くらいから出回っているそうですが、フランスでは僕が見かけたのは最近の事です・・・・

pink lady-www.pinklady-europe.com

先日,となりの八百屋でピンク・キッスという名のりんごを見つけたので早速買ってみました。
ピンク・レディーとの関係は(友達?親戚?)・・・気になるところですがよくわかりません!



"お味"の方は?他の果物を食べるのに忙しくて・・・これはまだ果物かごで眠ってます・・・・・

*「健康果実」青森りんご百科事典
[PR]
by naobossa | 2004-12-12 18:51 | ■食情報 | Trackback | Comments(0)

ソーセージ

まぁいろんなソーセージが世の中には存在しますが・・・・

今回ご紹介するのはモルトー・ソーセージLa Saucisse de Morteau とトゥルーズ・ソーセージ La Saucisse de Toulouse

フランスで毎日食べても飽きない食材がCharcuterie(シャルキュトリー、ハム・ソセージなどの豚肉加工製品)。ものすごい種類です!^^


【モルトー・ソーセージLa Saucisse de Morteau】







*La Saucisse de Morteau-www.best-gourmet.com

【トゥルーズ・ソーセージ La Saucisse de Toulouse】



この"ソーセージ"たちを使った料理は・・・次回のお楽しみに!!

[PR]
by naobossa | 2004-12-12 00:33 | Trackback(1) | Comments(10)

枝チョコ

いつもはあまり見かけませんが、この時期になるとスーパーにたくさん並ぶのがこれ・・・



中味はこんな感じです


なんだかボルドー名物らしくブドウの若枝を象徴しているそうで・・・パリでもこの時期には見かけます。
もうひとつのメーカーのもかなり美味しいのですが(sarment du medoc)最近見かけませんね~
ミルク・チョコベースにヌガとアーモンド、ブラック・チョコにミント、ブラック・チョコにオレンジなどがあります・・・

この時期のスーパーは"チョコレートの香り"でもうチョコ・ファンには涙かも?^^


これはほんの一部で、この2・3倍は軽くチョコ・コーナーです!!
[PR]
by naobossa | 2004-12-11 21:06 | Trackback | Comments(6)
先日、ふとTVを観ていてあの有名な*Guy Martin (1991年からパレ・ロワイヤルの庭園の片隅にある"Grand Véfour"のシェフ、1995年からはプレジダン)のインタビューをやってました・・・・

興味があったのが,彼のクリスマスの晩餐・・・

インタビュアーに「クリスマスの晩餐のメニューはどんなものですか?」と訊かれたギィ・マルタン。
「実家で家族と過ごし、料理はパパがフォアグラと、シャポン(去勢鶏)料理を担当、僕は最初の牡蠣を開けるだけです!」
と答えてました。

そうなんですよね~12月25日の午前中まではフランス人は最後の買い物に走りまくりますが・・・その後は街はシーン!外国人だけになってしまいます。この時期に来た観光客は「パリって静かなのねぇ~」という事になるわけです。
民族大移動でかなりの人たちは帰郷。家族とクリスマス(ノエル)の晩餐をしますので,ほとんどのキャピタル(首都)の有名レストランはお休み・・・ノエル・年末特別メニューを出しているレストランはほとんどが観光客向けで値段は法外!けっこう暴利!と言うのがこの時期です・・・

*1957年2月3日生まれ。1999年、日本で"21世紀最大のシェフ"に選ばれ、le Gault et Millau もこの年の一番優れたシェフ(20点満点の19点!)に選びました。2000年には Michelinの3つ星(マカロン)を獲得!今、フランスで最も輝くシェフです。
*参照

*le Grand Véfour

*ル・グラン・ヴェフール(Le Grand Vefour)-グルマン・ピュスのレストラン紀行
[PR]
by naobossa | 2004-12-11 18:01 | Trackback | Comments(0)

■ホットドッグ HOT DOG


ホット・ドッグHOT DOG・・・フランスではオット・ドッグ!!

お祭り、遊園地、骨董市には欠かせないですが・・・・

フランスのホット・ドッグには2種類あります。

残念ながらアメリカン・ホットドッグは今はお目にかかれません。20年位前、サンジェルマン・デ・プレにあったファースト・フード店にはあの柔らかく長いアメリカパンのなかにキャベツとウインナーが入ったやつ!!があったのですが・・・
何故かポルトガルの海岸では売っていて何度か食べました!

①この写真のようにバゲットを1/3に切って、穴をあけ,その中にボイルしたウインナーを突っ込むタイプ

②バゲットを半分または1/3に切って、表側の真中に切れ目を入れてウインナーをハサミ、その上からグリエール・チーズを刻んだものまたはそれをクリームお混ぜたものを上からかけてオーブンで焼くタイプ

こんな感じの屋台で売られてます・・・・

このほか,お祭りや遊園地、骨董市で欠かせない楽しみはこれ!!





[PR]
by naobossa | 2004-12-11 01:43 | ■食情報 | Trackback | Comments(4)

朝食 petie déjeuner

いつもブラック・コーヒーだけなのに何故か最近これを食します・・・


カカオクリームが入ったミニ・スポンジ(ジェノワーズgénoise)。10個入りで0,79サンチーム!!!(ユーローになってからセントと呼ぶ人もいますが僕はサンチームと呼んでます・・・)
あまりの安さに・・・何が入っているの?と首を傾げますが・・・満足の味と触感です。^^

*1ユーローは約135円
[PR]
by naobossa | 2004-12-10 19:52 | Trackback | Comments(2)

サラダ

寒くなっても美味しいサラダが欲しくなります・・・・


最近のウチの、ヒットはシードル酢を使ったヴネグレットのサラダ。


こんな感じで・・・





ロメンヌromaine(タチチシャ,レタスの一種)




レタスとロメンヌを混ぜ合わせて・・・・出来上がり!


[PR]
by naobossa | 2004-12-09 23:40 | Trackback | Comments(2)