フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

<   2005年 06月 ( 50 )   > この月の画像一覧

と言っても、バスク地方、地元のスーパーはほとんど見かけず、小さな個人商店がほとんど・・・

大量生産の商品は別ですが、他は、スーパーやフランス系のハイパーとあまり値段が変わらずどことなく、日本の流通形態に似ているような感じが・・・

恥ずかしながら、お酒(スペインワイン、アペリティフ)が買いたかったので、国境近くのハイパーにまた寄ってしまいました・・・


店内はタバコとお酒を買いに来るフランス人だらけ!
お客の半分はフランス人?タバコの価格はフランスの半額、お酒もかなり安い!ので納得ですが・・・

興味のあった品々です・・・


タパス用の海産物・・・冷凍で、量り売り!


驚きはこれ・・・

ウナギの稚魚スリミ!



噂のBIMBO印・・・ポルトガル、スペインで売られてますがフランスでは見かけません。





[PR]
by naobossa | 2005-06-30 17:24 | 【ブティック、スーパー】 | Trackback | Comments(6)
黄色ネクタリン・・・

程よく甘くていい感じ!6個で1,89ユーローは嬉しいですねっ^^




[PR]
by naobossa | 2005-06-30 04:58 | Trackback | Comments(2)

■鴨とイチジク・・・

今回は、肝臓フォア(フォアグラ)をとった後の鴨肉Magret de Canardをグリルしました。

使った鴨はこんな感じで・・・


イチジク・・・


以前から,あったら便利だよねぇ~と言ってはついつい忘れていたグリル専用のパンを見つけたので仲間に入れました^^



出来上がり・・・

イチジクは別のパンで調理しておき、出来上がった鴨に添えて・・・
いい感じ!フランス人大好き、甘辛メーニューでした。


いやぁ~この新人!どうやらこのメーカーのココットは日本でかなり有名みたいですが、見事です!今まで普通のフライパンでグリルしていましたが・・・ここまで味が違うかと、大喜びでした。

これからの季節、バーベキューでもかなり活躍しそうです^^

画像
[PR]
by naobossa | 2005-06-29 18:17 | ■食情報 | Trackback | Comments(8)

■季節の果物・・・

メロン、黄・緑色の瓜、アブリコ(杏)が出回りはじめました・・・

ちょっと早いか?とも思いましたが、あまりの安さに重さをを忘れて買ってしまいました。スイカも並んでいて・・・欲しかったのですが、さすがに止めときました。













メロンも瓜も満足な味で1,50ユーローは嬉しい限りです^^

[PR]
by naobossa | 2005-06-29 06:31 | ■食情報 | Trackback | Comments(3)

■バスク風イカリング

これはイカリングといるよりも・・・天ぷら!

ああ~"天つゆ"(大根おろしと生姜を入れた)が欲しかったです!アツアツ、脂っぽくなく・・・いいなぁ~
炊飯器、醤油、ソースがあれば・・・バスクで生きられる!と確信しました。

a0016148_6135358.jpg

[PR]
by naobossa | 2005-06-29 06:18 | Trackback | Comments(8)

■幻の銘酒・・・




このお酒、後で知れば知るほどすごいお酒なんですね~

アフェリエイトしていると思われると困るので、1752年(宝暦二年)の創業の蔵元の詳細データーは書きませんが、興味のある方は、ぐっぐって(Googleで検索して)ください^^

生もと純米大吟醸雫原酒の「妙花闌曲」(みょうからんぎょく)・・・
「妙花闌曲」(2000醸造年度)は、限定951本
「妙花闌曲」(2001醸造年度)は、限定1357本

僕が飲んだのは、2001年ものでした。既に完敗、次回は2006年以降だそうです。

純米大吟醸酒とは大吟醸酒のうち、精米歩合50%以下の白米、米こうじ及び水のみを原料とするもののみなんだそうです。


もう一度、ゆっくり嗜みたいけど・・・高くて自分では飲めません。
★参考サイト★

【日本酒を嗜む】

【日本酒】出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by naobossa | 2005-06-28 19:49 | ■食情報 | Trackback | Comments(2)

■バスク風コロッケ

いや~このコロッケたち、今まで食べた中で一番美味かった!
a0016148_14505815.jpg


バスク地方Zizurkil(スペイン側)の山中にあるホテルが経営しているタパス・バーで食べたのですが、コロッケは2種類あって、一種類はまるでカニクリーム・コロッケ、もう一種類はチーズ・コロッケ。
かなり熱々をサービスしてくれて、口の中を火傷しそうになるくらい。コロッケの中身が口の中で蕩け・・・マジ美味かったです。

今度来るときは、日本のソース("おたふく"か"トンカツ・ソース")を持ってこようと決めました^^
皆は、もちろん何もつけないで食べてますが・・・あと、白いご飯が欲しい!
[PR]
by naobossa | 2005-06-28 15:04 | Trackback | Comments(8)

■酒飲み会

友達が、「美味しい日本酒がたくさん手に入ったから"飲み会"しましょう!」と誘ってくれて・・・

ウチの彼女、超忙しい中・・・"日本酒"と聞いて・・いきなり「喜んで!」と承諾。






そして、極めつけはこれ・・・



こんなに、いろんな種類の日本酒を一挙に飲むのは初めて!二人とも大満足でした!

残骸・・・


おつまみは・・・
[PR]
by naobossa | 2005-06-27 18:02 | ■食情報 | Trackback | Comments(13)

■猛暑・・・

バスク地方の山中の涼しさはとっくに忘れてしまいました・・・

今日(日曜日)、ウチのテラスの日陰は35℃を、サロンも32℃!2階の屋根裏になっている部分は35℃!

もちろん、クーラー&扇風機はありません。

TVニュースで厚生省が猛暑注意報をRhône、l'Isère 、 Savoieの3県に出してますが、気象庁によるとボルドーは明日、日陰で39℃とフランス最高気温になる模様と伝えております。

このフランスの異常気象、はっきりと理由は伝えられてはいませんが、ニュースによるとどうやら温暖化のせいらしく、世界各国の中でもフランスが一番この影響を受け温度上昇率は他国に比べ50パーセント増し!

消費者のワイン離れに輪をかけて、ボルドー地方の温度上昇で、既に、ボルドーのソーテルヌ(Sauternes)地区に被害が出始めているらしいです。ソーテルヌ(Sauternes)地区はシャトー・ディケム(Chateau d'Yquem)で世界的に名が知れている、貴腐ワイン(Vin de Pourriture Noble)の生産地ですが、この気温上昇のせいで、年々、貴腐がおこりにくくなりつつあるんだそうで・・・

他のボルドーワインも、収穫が年々早くなる傾向にあり、このままで行ったらかなり近い将来には"美味しいワイン"はボルドーで出来なくなる可能性が高いという専門家もいます。

2003年の猛暑はパリでウチのリフォームをしていて死にそうになり、避暑にエトルタETRETATへ出かけましたが・・・今年はどうなるんでしょうか~
[PR]
by naobossa | 2005-06-27 00:03 | Trackback | Comments(4)
a0016148_16453446.jpg
a0016148_16455362.jpg
a0016148_1646943.jpg


見かけはフランス・バゲットパンに似ていますが、実に柔らかい!そしてホット・サンド!
中身は、豚肉のローストと赤ピーマン・・・

これで一人分!すごい量です!
[PR]
by naobossa | 2005-06-26 16:50 | ■食情報 | Trackback | Comments(2)