フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

■リンゴ pomme

reinetteと言う名のリンゴ・・・・

最近、このフランスでも結構甘いリンゴ・・・FUJIなんかが出始めて・・僕は嬉しいんですが、僕の周りのフランス人は、甘いリンゴが何故かお嫌いなようで。

このreinetteリンゴ、僕にとっては全然甘くなく・・・むしろ酸っぱい。見かけもいまいちなんですが、このリンゴのファンが僕の周りには一杯います。



【リンゴの生産量】
1位 中国  2.201万トン

2位 アメリカ 482万トン

3位 フランス  264万トン

4位 トルコ   250万トン

5位 イタリア  242万トン 



*青森の果樹information

追加画像


残念ながら・・・中味は何てことない・・・リンゴです。
真っ赤だったり、真っ黒だったり・・・だったら面白いのに・・・とか、リンゴを割ったら宇宙人が出てきたとか・・・?
[PR]
# by naobossa | 2004-09-18 09:13 | Trackback | Comments(4)
Les Moules加州生活日誌 My Journal of California Lifeのcabayareaさんが紹介してくれたアメリカのムール!!

いやぁ~これは旨そうで・・・僕がアメリカに対して持っている偏見をかき消してくれそうです。
この料理で・・いかほどなんでしょうか?それが問題ではありますが・・・
[PR]
# by naobossa | 2004-09-17 19:08 | Trackback | Comments(1)
ムール貝の白ワイン蒸し煮 moules marinière・・・


ボルドーもこの料理が旨い季節になってきました。ウチで人気のメニューです。これは僕の得意料理のひとつなんですが・・・まぁ威張るまでもなく簡単・大雑把料理ですね・・ムール貝を洗うのがちょいと面倒ですが、その他は超簡単!外食していつも不味いムール料理に懲りて、この料理とパスタ料理はレストランでは食べなくなりました。どうしてこんなに単純で簡単なものが・・・いつも不思議です。



【材料】1,5リットルのムール貝(2人分)、エシャロット、ニンニク、バター、白ワイン(安いもの)、パセリ


お鍋にバターを溶かし、その中にみじん切りにしたエシャロットとニンニクを!焦げつかないように気をつけながら・・・大胆にかき混ぜます。もうこの時点で、キッチン中にニンニクとエシャロットの美味しそうな香りが立ち込めて・・・うひゃ~幸せ!





これで出来上がり!!





こんな感じで・・・ムールの貝殻で食します!フォークなんか使いませんよ!!残ったスープで・・・スープ・スパゲティー!それかお味噌を入れて・・・雑炊!!
[PR]
# by naobossa | 2004-09-17 00:30 | 【簡単料理】 | Trackback(1) | Comments(4)

寿司セット・・・



これ全部、ウチの彼女が日本に留学した後、持ち帰ったものです・・・
本人のコメントによると、形が綺麗ヒノキのいい香りがするという事で半分デコレーションみたいな感じで使っていたみたいです。

いやぁ~これはみんな便利ですよ!こういう木で出来たものを見ると・・・大げさかもしれませんが・・・・日本人としての誇りを感じます。

*何を今更お兄さん!そんなのあたりまえでしょう!と思った方はこちらを軽くクリックしてくださいな!
*私もフランスに留学する時は、トランクに辞書と一緒に持って行くわ~!!と思った方はこちらを力いっぱいクリックしてくださいな!
[PR]
# by naobossa | 2004-09-16 07:12 | Trackback | Comments(0)

今日の昼ご飯・・・

トマト・サラダ・・・


ハム・・・
*肉屋さんはこんな感じで、紙に包んでくれます。僕はこの白い脂身のところcouenneが大好きです。


自家製ガトー・ショコラ・・・
*マロン・クリームがたくさん入ってます。



*こんな昼メシよりオムライスのほうがよか!!と思った方はここをクリックしてくださいな!

*この昼ご飯は私にピッタシ!!と思った方はこちらをクリックしてくださいな!
[PR]
# by naobossa | 2004-09-15 22:42 | Trackback | Comments(0)
カルヴァドス(Calvados)は、フランスのCalvados地方で作られている、りんごから作った発泡酒であるシードル(Cider)から作る、蒸留酒です。

本来は、若い(2年以内の)シードルを蒸留して作られたものだけがカルヴァドスとして名乗る事が許されます。

*Calvados Boulard


*château Saint-Jeanの展示館コレクション
[PR]
# by naobossa | 2004-09-15 09:38 | ■食情報 | Trackback | Comments(0)
ピエール・エルメ、秋の新作登場 パリノルールblogから・・・・


以前にも書きましたが、
このピエール・エルメ(日本ではお菓子界のピカソと呼ばれているそうですが・・・)のお店がパリのうちの近くに出来たと時は大変でした。連日、長蛇で・・そこまでしてお菓子を買うか?とひねくれものの僕なんぞは嘲笑しておりました。
 
お店の構え(外見)は高級宝石店のよう。お菓子の値段も宝石のよう(ちょっと大げさですが・・)ウインドーから覗く限り・・・確かに芸術的!ピエール・エルメのルポタージュを見ましたが、お店が出来たのは東京のほうがパリよりも早く、スタッフの数人かは日本の流行にとても精通していて、エルメ自身も奥さんもかなり和の食材に詳しいみたいでした。

エルメを囲むパーティ金1万円也・・・すごー!!どうも貧乏性の僕は、このてのお金を払って・・・を囲む会・・みたいのは嫌いです。しかも、どうもエルメさんの容貌を見る限り繊細さを感じ取れなく、いまだに(お店の前はしょっちゅう通るのに)彼のお菓子は食べていません。
*この偏見がなくなったら僕の人生はもっと楽しくなるのになぁ~(笑)
[PR]
# by naobossa | 2004-09-14 19:08 | 【ブティック、スーパー】 | Trackback | Comments(6)

ハンガリー料理

ウチの彼女が、ハンガリーに行ったときに食べた料理をお土産に買ってきたパプリカで作ってくれました・・・・

*パプリカ・スパイス図鑑
*パプリカ・野菜辞典





【材料】ピーマン、オニオン、トマト、豚肉そしてパプリカ。

ご飯にすごく合うので僕としては大満足です・・・・

*ハンガリーへ温泉に浸かりに行った後、絶対にこの料理が食べたいわ!と思った方はクリックしてくださいな!温泉はハンガリーまで行かなくてもいいけど、この料理を食べにボルドーまで行きたいわ!と思った方も迷わずクリック!!
[PR]
# by naobossa | 2004-09-14 06:22 | Trackback | Comments(5)

お知らせ・・・

今回BBS【みんなの美食村】を設けました。
に関しての質問、レストラン紹介(東西問わず・・・)など、どんどん書き込んでくださいな!このBBSはあくまでも僕が主体ではありませんので皆さんで盛り上げてください!

但し、管理人として主旨を外れた書き込み、中傷などの他人を不愉快にさせる類の書き込み(人の権利を侵害するもの、他人に経済的・精神的損害を与えるもの、脅迫的なもの、他人の名誉を毀損するもの、他人のプライバシーを侵害するもの、いやがらせ、他人を中傷するもの、猥褻・猥雑なもの、品性を欠くもの、罵詈雑言に類するもの、嫌悪感を与えるもの、民族的・人種的差別につながるもの)は削除しますのでご了承ください。
[PR]
# by naobossa | 2004-09-13 23:16 | Trackback | Comments(0)

■サフランsafran

パエリャに欠かせないのがこのサフラン。スペインでは上質のサフランが比較的手ごろな値段で手に入ります。


*スパイス図鑑

それとこのパエリャ用の鍋というかパン・・・・


これはボルドーのスーパーでスペイン・フェアーの時にまあるいいご飯を2袋買ったらおまけについてきたもの。ガス使用と明記されているので今まで使ってませんでしたが、一度バーベキューで試してみようかと戸棚の中から引っ張り出してきました。
[PR]
# by naobossa | 2004-09-13 08:50 | ■食情報 | Trackback | Comments(2)