人気ブログランキング |

フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

【ドリンク】Coca Light by Karl Lagerfeld(PARIS)



P2440715
P2440715 posted by (C)naoparis

P2440716
P2440716 posted by (C)naoparis

P2440751
P2440751 posted by (C)naoparis

P2440752
P2440752 posted by (C)naoparis

P2440753
P2440753 posted by (C)naoparis

P2440842
P2440842 posted by (C)naoparis

☆PHOTO画像をSlideで見る



1,50 EUROS

MONOP'(Rue de Vaugirard)



P2350941
P2350941 posted by (C)naoparis

【MONOPRIX】関連記事

【Rue de Vaugirard】関連記事





Coca Light & Karl Lagerfeld
http://www.trends-luxury.com/


Karl Lagerfeld réinvente Coca-Cola Light
http://www.manger-moinscher.com/

【フランスでめぐり合うコーラ】

 















 






200px-Coca-Cola_logo.svg

『ジョージア州アトランタを拠点に活動するジョン・S・ペンバートン (John S. Pemberton) がいた。南北戦争で負傷したペンバートンはモルヒネ中毒になっており、中毒を治すものとして当初注目され始めたコカインを使った薬用酒の開発を思いついた。この種の薬用酒には既に類似品が多く出回っていたので、ペンバートンは、ワインにコカインとコーラのエキスを調合したフレンチ・ワイン・コカを精力増強や頭痛の緩和に効果のある薬用酒として1885年から売り出した。

フレンチ・ワイン・コカは「ドープ(dope=麻薬)」と言う渾名で人気を博したが、やがてコカインの中毒が問題となるとともに、禁酒運動の席巻によりフレンチ・ワイン・コカが売れなくなる恐れが出てきた。そこでワインに代えて炭酸水の風味付けのシロップとして売り出すことにして、ペンバートンのビジネスに参加した印刷業者のフランク・M・ロビンソンによってコカ・コーラと名づけられた。このコーラは1886年5月 8日に発売されている・・・

その原液は、アメリカ合衆国で調製されて世界中に広く輸出されており、世界各地のボトリング会社によってコーンシロップ、砂糖などで薄められ、更に炭酸水で割られて、瓶詰め・缶詰めされ販売される。風味はトップシークレットの香料7xと柑橘系およびスパイス系のフレーバー7~8種類程度の配合によるものと言われる。 7xの成分はコカ・コーラ社のトップシークレットであり、成分を知っているのは最高幹部のみである。脱コカイン処理されたコカの葉が成分の一部として含まれる。』

コカ・コーラ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Coca-Cola
http://fr.wikipedia.org/

 

Karl Lagerfeld(né Karl Lagerfeldt à Hambourg , le 10 septembre 1933)
http://fr.wikipedia.org/



【Karl Lagerfeld】関連記事

■スタインウェイの新しいピアノSteinway & Sons by Karl Lagerfeld


■H&M by Karl Lagerfeld



『フランス美食村』今日も、訪問ありがとうございます!ポチっと応援クリックをヨロシク!!本人の励みになります⇒
フランスのいろんな情報を求めに『パリ生活情報掲示板』へどうぞ!


by naobossa | 2010-05-07 16:42 | 【清涼飲料水SODA】 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://naobossa.exblog.jp/tb/10567552
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。