人気ブログランキング |

フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

【収穫関連情報2011】3年連続で、とても偉大な品質となったボージョレー(フランス)

Les vendanges 2011


Millesime 2011 :Le Beaujolais enchaine avec un troisieme millesime de tres grande qualite !


今年、ボージョレーは、ほぼ理想的な天候に恵まれた。春から日照に恵まれた上に、夏の間は雨が少なかった(この地方にしてはとても珍しい)。この天候によ り、ぶどうは昨年より3週間早く、最高の熟度に達することができた。このため2011年は 、この数十年間で、最も早熟な年の一つである。

ボージョレーでは、収穫が8月24に始まり、9月16日頃に終了した。ぶどう畑の衛生状態は素晴らしく、ぶどうはとても偉大な品質である。果梗と種はよく 熟し、果皮は厚く、糖と酸のバランスも良い。発酵は順調に進み、アロマを維持しながら、色とタンニンが徐々に抽出されている。熟度は見事で2009年に匹 敵するが、酸はかなり少なく(2009年や2010年より少ない)、このため濃縮したワインというよりも、滑らかなワインとなっている。

発酵室では醸造が終了し、試飲の結果はとても有望で、豊かであると同時に果実味があり、とても繊細で色も濃い。果実味は、赤い果実でも、黒い果実でもな く、両方と言える。「2011年は、アロマがとても多彩です」と、Sicarex(ボージョレーのぶどうの研究機関)の技術部長ベルトラン・シャトレは言 う。「ワインは豊かで、力強いですが、だからといって爽やかさを失っていません。程よい丸みがあるので、心地よく飲めます」と述べている。

2011年のワインはすでに将来有望と見られ、とても偉大な品質であった2009年や2010年と同じ系統にある。2009年は、素晴らしく濃縮し、熟度 と酸のバランスがとても良く、神話となっている。2010年は正統派で、アロマの表情が素晴らしく、とても繊細である。そして2011年は、豊かで豊満 で、絹のように滑らかなワインで、ボージョレーは改めて、良いヴィンテージでつながったわけである。

2009、10、11年という3部作を通して、ボージョレーは、豊かな香りと繊細なタンニンが巧みに結びついた、しっかりとしたストラクチュアのある力強いワインに回帰している。我々の知る限り、今年、他のいかなる産地も主張することのできない成功である。

11月17日午前0時、ボージョレー・ヌーヴォーの解禁とともに、2011年をぜひ味わっていただきたい。
(ボージョレ―ワイン委員会プレスリリース、9/29)



引用元:
「フランス食品振興会発行メールマガジンhttp://www.franceshoku.com/













【楽天市場】ボジョレー・ヌーヴォーBeaujolais Nouveau 2011







【Yahoo!ショッピング】ボジョレー・ヌーヴォー Beaujolais Nouveau 2011



【Yahoo!ショッピング】ボジョレー・ヌーヴォー Beaujolais Nouveau 2011



【楽天市場】ボジョレー・ヌーヴォー 2011

【Yahoo!ショッピング】ボジョレー・ヌーヴォー Beaujolais Nouveau 2011


【ボジョレー・ヌーヴォー 2011】My Wine CLUBマイワインクラブ (10/01)

【ボジョレー・ヌーヴォー2011】 (10/03)


【Beaujolais Nouveau】関連記事




【美しきフランス】



























『フランス美食村』今日も、訪問ありがとうございます!ポチっとクリック!⇒お金にはなりませんが(笑)本人の励みになります!『パリ生活情報掲示板』へどうぞ!
by naobossa | 2011-10-11 23:31 | 【ワインVIN】 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://naobossa.exblog.jp/tb/13792382
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。