人気ブログランキング |

フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

■Pierre Herme



ジョエル・ロビュションJoël Robuchonが持っている料理番組でピエール・エルメPierre HermeがいろんなスイーツSweetsの作り方を紹介していました・・・・

ピエール・エルメPierre Hermeといえば今、旬なフランスが生んだ天才パティシエ。
アルザス地方のパン・お菓子屋さんの4代目。14才の時にGaston Lenôtreに弟子入り、
24才でフォーションFauchonのパティシエのシェフchef-pâtissier に。
1997年にはラデュレLaduréeのシャンゼリゼChamps Elysées店の開店にコラボ、
1998年のTOKYOに自分のお店第一号店を開店。
2000年にはサロン・ド・テをオープン。
その後2001年8月、サンシュルピス広場の直ぐ近くボナパルト通りにフランス第一号店をオープン。

お菓子屋さん【フランス落書き帳2004-03-13 19:04 | ♪写真PHOTO 】

【TRUFFES AU CHOCOLAT ET AUX FRUITS DE LA PASSIONパッション・フルーツ風味のトリュフ】

用意するもの
350 g のミルク・チョコレート
50 g のココア・パウダー
10個のパッション・フルーツ(fruits de la passion )
50 gのバター
20 g のアカシアの蜂蜜

-チョコレートは小さく割ってお鍋に入れておき、バターは冷蔵庫から出して、これも小さく切っておきます。
-パッション・フルーツの中味をスプーンですくい出し、こし器で潰してマキシマムの汁を確保します。
-ハチミツをお鍋に入れ、その上から絞ったパッション・フルーツの汁を入れ沸騰させます。
-次にチョコレートの上に上記を注ぎ、泡だて器でゆっくりと円状にかき回し(中心から始め小さく)艶が出るまで混ぜ合わせます。
-上記にバターを加え溶かしますが、ここであまり混ぜ合わせない事が肝心
-硫酸紙papier sulfuriséを下敷きに長方形の型(枠)のなかに上記la ganache を流し込みます。
-しっかりラップして冷蔵庫にで3時間寝かせます!
-3時間後、冷蔵庫から出して枠を丁寧にゆっくりはずし、一口大の大きさに切り分け1個づつココア・パウダーにまぶします。お皿に並べて冷蔵庫に保管。*ここでしっかりラップしておかないと"納豆"臭くなります^^(納豆だけに限りませんが、カカオは脱臭剤といわれるくらい冷蔵庫の臭いを吸収します!)

冷蔵庫から出して、室温になる前に召し上がりを!コーヒーと一緒がベスト!!^^


*TRUFFES AU CHOCOLAT ET AUX FRUITS DE LA PASSION
-France3.fr


*他のレシピ-gourmet.tv

*ピエール・エルメのお菓子の世界
*ピエール・エルメ ボンボンショコラ
*ヨーロッパお菓子紀行 Vol.1ピエール・エルメ@パリ- All About
by naobossa | 2005-01-04 20:32 | 【ブティック、スーパー】 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://naobossa.exblog.jp/tb/1509632
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。