人気ブログランキング | 話題のタグを見る

フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

【シャトー・スミス・オー・ラフィットchâteau Smith Haut-Lafitte】発酵途中の炭酸ガスを歯磨き粉へ




Au château Smith Haut-Lafitte, du CO2 issu des fermentations pour fabriquer du dentifrice



ボルドーのシャトー・スミス・オー・ラフィットでは、今年の収穫から、発酵途中に発生した炭酸ガスを重炭酸ナトリウム(重曹)に変え、歯磨き粉の生産のために製薬会社に販売することを明らかにした。

シャトー・スミス・オー・ラフィットは、ぶどうの種を化粧品に再利用し「コーダリ」のブランドで販売していることでも知られている。オーナーのダニエル・カティアール氏は、「我々の目的は、できる限り自然であること」という。今回の計画の契機となったのは、炭酸ガスの排出量の調査で、多くの炭酸ガスが発酵中に排出されたままになっていることがわかったためだという。炭酸ガスを捉えるシステムを開発した環境企業と協力し、少量から実験を始め、今年から実用ベースにのせる。投資額は約60,000~70,000ユーロ。100トンあまりの重炭酸ナトリウムが生産される。

さらにカティアール氏は、今年の収穫から、セカンドワイン向けの新しい酒庫を稼働させることを明らかにした。「この酒庫は緑に覆われ、外部からはわかりにくいです。エネルギーを自給し、炭酸ガスは排出しません、炭酸ガスを排出しないでワインを造ることができるということを示したい」とカティアール氏は説明した。
(http://www.pleinchamp.com.6/4,drinksbusiness,4/11)


引用元:

「フランス食品振興会発行メールマガジンhttp://www.sopexa-japon.com/」



▼Au château Smith Haut-Lafitte, du CO2 issu des fermentations pour fabriquer du dentifrice

http://www.pleinchamp.com/viticulture/actualites/au-chateau-smith-haut-lafitte-du-co2-issu-des-fermentations-pour-fabriquer-du-dentifrice
by naobossa | 2013-06-25 20:40 | 【食情報】 | Trackback
トラックバックURL : https://naobossa.exblog.jp/tb/17994977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。