人気ブログランキング |

フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

【今年のシェフ】Arnaud Lallement,アルノー・ラルマン氏が、ゴー・ミヨ誌2014年版


Arnaud Lallement, sacré cuisinier de l'année par le guide Gault & Millau

シャンパーニュ地方のランスのレストラン「ラシエット・シャンプノワーズ」のシェフ、アルノー・ラルマン氏が、ゴー・ミヨ誌2014年版が選ぶ「今年のシェフ」に選ばれた。

アルノー・ラルマン氏は昨年、ゴー・ミヨ誌の最高評価である5トック帽を取得したばかりである。

「ラシエット・シャンプノワーズ」は、アルノー・ラルマン氏の父親が1975年に開業したレストランで、アルノー氏は1997年、23歳の時にレストランに入った。2002年に、父の死に伴い、後を継いだ。現在39歳。

ゴー・ミヨ誌の歴代の「今年のシェフ」には、ミシェル・トロワグロ氏やピエール・ガニエール氏などが名前を連ねており、「世界中で最高にしあわせ者」とアルノー氏は感想を述べている。

同氏によると、ラシエット・シャンプノワーズは、くつろげること、難しくない事をテーマとしているという。自身の料理については、「現代的」「あっさりしている」などと評しており、料理と地元のシャンパーニュとの組み合わせのために、料理の酸味が重要であると語った。
(lemonde.fr,10/23;lefigaro.fr,10/23)

 

 引用元:

「フランス食品振興会発行メールマガジンhttp://www.sopexa-japon.com/」


by naobossa | 2013-10-26 20:54 | 【グランシェフGRAND CHEF】 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://naobossa.exblog.jp/tb/18856771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ユミコ at 2013-10-26 23:07 x
お久しぶりです、特徴があるお店のようですね、行ってみたいです。