人気ブログランキング |

フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

■絞ったオレンジジュース ORANGE PRESSEE

フランスに着たばかりの頃(もう遠い過去のことですが・・・)、キャフェでいろんなものを試しに飲んだ時、かなり気になったのがこの飲み物・・・

キャフェでこのオレンジジュース ORANGE PRESSEEを注文すると、底にかなり遠慮してオレンジの絞られたものが注がれたグラス(キャフェによってこの量がかなり違っていましたが)、水差し(キャラフ)と粉砂糖(当時は瓶に入って、今は個別の小さな袋かスティック状)を持ってきてくれました。

今ではスーパーの冷蔵コーナーには短期間賞味期限の100パーセント果汁タイプ、長期保存タイプ、まるで果汁とは思えないタイプ、使っている果汁は100パーセント果汁(故に、このジュースは水と混ぜてあるわけですが、100パーセント天然果汁ジュースと思い込んでいる消費者も少なくありません・・・)といろんな果汁(オレンジ)ジュースがあり、キャフェでも最近はこのORANGE PRESSEEオレンジ・プレッセを注文している人をあまり見かけなくなったような感じです。

ほかにレモンを絞ったシトロン・プレッセCITORON PRESSEもあります。






あまり大きくないオレンジを3個使用。僕は砂糖も水も加えません。

スーパーによっては、ジュース用オレンジ、デザート用オレンジと区別して売られている場合もあります。

★記事アップ案内★
■画像が飛び出す検索エンジン登場・・・
■CDが消える日・・・
■マスカレ Mascaretの季節・・・
■新しい音楽の楽しみ方・・・・
by naobossa | 2005-08-23 19:29 | ■食情報 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://naobossa.exblog.jp/tb/2193456
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kuribo at 2005-08-30 16:14 x
今日はじめて遊びに来ました。kuriboです。
よろしく

ORANGE PRESSEEといえば15年くらい前、パリを旅行した時の思い出があります。
町中に突如存在する直径2メートルくらいの巨大オレンジ。


それが昼前くらいになると、赤道付近を切れ目にして上半分がガバッと開きます。
中には人が一人(白人のおにいさんや黒人のおばさんなど様々)立っていて、手前の狭いカウンターにはカゴ盛りのオレンジとナイフと手動のオレンジプレス機。
「ひとつ」と頼むと、カゴから2個のオレンジをとって半分に切り、プレスしてジュースを紙コップに入れホイと手渡してくれます。
当時20フラン
ばりばりの日本人だし、若かったし、貧乏だったし、暑かったので
「氷もなしで400円か」とがっかりしながら飲んだわりには美味しかった記憶があります。
初めて見た時「さすがパリ。ジューススタンドまでアートだ。」と感動したのに、その後数年のうちに巨大オレンジはパリの街から消滅していました。値段的にも観光客相手の商売で、パリの人達にとってはたいしたことなかったのでしょう。(笑)
手元に残るフレームいっぱいの巨大オレンジの写真だけが唯一のなごりです。

また寄らせていただきます。
Commented by naobossa at 2005-08-31 17:30
■ kuriboさん
はじめまして!!
>町中に突如存在する直径2メートルくらいの巨大オレンジ
覚えてます^^

確かに高いってイメージがありましたね・・・
懐かしいです~

是非、写真見せてくださいな!!

NAO
Commented by kuribo at 2005-09-02 14:26 x
お!
憶えていらっしゃいますか!
うれしいなぁ。^o^

では、今度写真掘り出してみます〜。