人気ブログランキング |

フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

■ビュローBulot(バイガイ)

友達のリクエストでアペリティフ用にBulot(ビュローと発音)を買いました・・・

生とボイルされているのと両方売られてます。

生はヴィヴァンVIVANT
ボイルされている場合はキュイCUIT






日本で食べた覚えがなく、日本名は?とネットで検索したところ、バイガイと言うんですね・・・
日本の近海のものは絶滅の危機ありらしく、高級貝の部類に入るそうですが、フランスではそんなに高い貝ではありません。


★参考サイト★
【パリで買える魚の図鑑】
【バイガイ】市場魚介類図鑑
【Bulot】-www.capitainedepeche.com
by naobossa | 2005-08-27 06:39 | ■食情報 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : https://naobossa.exblog.jp/tb/2201747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Tripper Arch.. at 2005-08-27 08:21
タイトル : 戦利品@Paris
いつも参ってしまう「フランス美食村」の記事■ビュローBulot(バイガイ)を観て思い出してしまった今年('05)のParisの戦利品。 実は一昨年('03)に初めて遭遇、買って帰ろうと思っていたのですがそのまま失念。 ところが今年行ったレストランで大量に埋蔵してるのを発見してウェイター氏に懇願して貰ってきました。 小さな巻き貝のクルンと巻いた中身を取り出す道具です。... more
Commented by tripper_01 at 2005-08-27 07:04
これは大好物です。
日本(東京)の魚屋だと一般的にはツブ・磯ツブとして売られています。
確かに高くなってしまい、手のひら一杯で1,000円位します。(厚岸産)
バイ貝と言うとシロバイ貝(形は似ていますがカタツムリの殻のようにツルンと白い)を指す場合が多いようです。 味は白バイ貝の方が繊細ですが半値程度で売られています。 こちらは殻が割れやすいのが難点。
パリでは塩茹でと香草和えの2種類を試しましたが、やはり塩茹でが好き! パリは貝の種類が豊富で羨ましい! あと、巻き貝の身を取り出す専用のツールがあるの御存知です?
Commented by naobossa at 2005-08-27 17:51
■tripper_01 さん
貴重な情報ありがとうございます!
パリの戦利品・・・・僕も欲しいです^^

NAO