フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

■ミシュランガイド・フランス2008発刊:若手シェフの力が向上

ミシュランのホテル・レストランガイドのフランス編2008年版が3月6日に発売された。審査の過程で、料理の中に個性を表現しながら品質にこだわる若いシェフの勢いが目立ったという。また、田舎にある小さなレストランも多く選考された。ミシュランの審査員に「見出された」これらの店は地元の料理を主に提供している。もう一つの特徴は、星付きレストランの数とほぼ同じ規模で、そこそこの価格*)で美味しい料理が楽しめる「ビブ・グルマン」が選出されたことである(*地方で約4,500円、パリで約5,600円)。

結果として2008年版では、ホテル4,543軒、ペンション543軒、レストラン3,569店、合計で8,655軒がリストアップされた。
レストランのうち、星付きは529店。うち三ツ星26店(新規は1店)、二ツ星68店(新規8店)、一ツ星435店(新規は52店)となった。また将来星の獲得が有望視されるエスポワールは21店。「ビブ・グルマン」は510店(うち新規は94店)となった。(以上、ミシュラン社プレスリリース、3/3)

三ツ星は合計で26店と、数としては07年版と変らないが、Grand Vefour(パリ)が星を一つ失い、 Le Petit Nice(マルセイユ、シェフはGerald Passedat氏)が三ツ星に昇格。マルセイユにとっては初の三ツ星レストランとなる。
またフランス人以外の店も多くリストアップされた。04年の世界最優秀ソムリエであるイタリア人のエンリコ・ベルナルド氏がパリに開業するレストラン「Il Vino」が一ツ星となったほか、パリの鉄板焼き「あい田」も一ツ星を獲得した。(AFP,3/3)

引用元:
「フランス食品振興会発行メールマガジンhttp://www.franceshoku.com/」

■世界一『美食の街』TOKYO


【AMAZON FRANCE】
Michelin 2008


【FNAC】
Le guide Michelin France Edition 2008


Michelin 2008: Le Grand Véfour perd sa 3e étoile, Le Petit Nice l'obtient
http://www.metrofrance.com/

Michelin 2008: Le Grand Véfour perd sa 3e étoile, Le Petit Nice l'obtient
http://www.tv5.org/


Guy Martin関連記事

Thierry Marx(Cordeillan-Bages)関連記事

ミシュラン関連記事
[PR]
by naobossa | 2008-03-10 19:13 | ■食情報 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://naobossa.exblog.jp/tb/6883746
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sakae at 2008-03-12 00:08 x
情報誌は内容変えないと売れないからね去年と同じじゃあ、うれないよ。
ようやくミシュランもその事に気付いたか!

必然か意図的か新旧交代の時期なのかな?
Commented by naobossa at 2008-03-17 18:04
■sakaeさん

>必然か意図的か新旧交代の時期なのかな?

・・・・なんとなく、権威が減少しているような・・・感じ。

NAO