人気ブログランキング |

フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

■AOCシャンパーニュの指定地域が拡大へ

AOCシャンパーニュの指定地域が拡大へ (国立原産地・品質研究所)
l'evolution de l'aire geographique de l'AOC CHampagne(INAO)


INAOのワイン、オー・ド・ヴィ、アルコール飲料全国委員会は3月13日に委員会を開催したこの席上、AOCシャンパーニュの地理的な範囲の拡大について満場一致で承認した。

今回の決定に続き、シャンパーニュ地方で、反対意見などの意見公聴手続きがすすめられる。専門家委員会は、提出された要望を検討した上で、指定地域の最終案を今後1年以内に、全国委員会に提出する。。その後、区画ごとの制定作業が開始され、2015年までの作業の終了を見込んでいる。

最終的に、AOCシャンパーニュの地理的範囲の制定は、明確な基礎の上に確立され、地域として均質性があり、テロワールと緊密に関係するシャンパーニュの個性と品質の向上を保証するものとなるであろう。
(INAO,3/13付けプレスリリースより抜粋)

〔補足説明〕
今回の決定で、マルヌ、オート・マルヌ、オーブ、エーヌ県の40コミューンが新たに認められると同時に、これまでAOCシャンパーニュが認められていた2つのコミューン(Germaine,Orbay l'abbaye)が品質の問題で、AOCの認定地域から除外されることとなった。このため、AOCシャンパーニュとして認められるコミューン数は、現在の319から、38増加して357コミューンとなる。
(最終的なコミューン名は、数日以内に発行される官報に掲載される)

今回の動きの背景には、世界的なシャンパーニュの需要増がある。2007年のシャンパーニュの総販売量は3億3,870万本と、過去最高を記録した。

しかしながら今後、区画の制定が行われ、植樹し、樹が成長し、さらにシャンパーニュを造り熟成させなければならないので、新しい区画からのシャンパーニュが味わえるには、まだ15年ほどかかりそうである。
(Le Monde,3/15;Les Echos,3/13,3/14;La Tribune,3/14)

引用元:
「フランス食品振興会発行メールマガジンhttp://www.franceshoku.com/」


Quarante nouvelles communes intégrées à la très convoitée appellation "Champagne"
http://www.20minutes.fr/

http://www.champagne.fr/

【AOC】関連記事

シャンパン
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


シャンパーニュ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



シャンパーニュ・コレクション2007

champagne.gif





pub

by naobossa | 2008-03-27 06:18 | ■食情報 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://naobossa.exblog.jp/tb/6942931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sakae at 2008-03-28 04:38 x
シャンパンの需要があるのは、中国のせいじゃないのかえ?
Commented by naobossa at 2008-03-28 05:19
■ sakaeさん
中国もそうですが・・・全世界的に需要が増加。
貧乏人はますます苦しく、お金持ちがどんどん増えている世の中。

NAO