人気ブログランキング |

フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

2004年 09月 28日 ( 2 )

歯ごたえのある(シャキとしたサラダ菜)、特にレタスは美味しいですよね~


laitue (レタス)
batavia(バタビア)
romaine(タチチシャ)
frisée(フリゼ)
scarole(スキャロール)

フランスでサラダ菜と言ったら一般的にはこんなものでしょうか・・・

他にマッシュロケット・・・・


les légumes野菜の種類
サラダ
旬の野菜カレンダー
サラダ菜

問題は、 いかにサラダ菜をキレイに洗い、水分を取るかがドレッシングと同じくらい重要になります。

日本では100円ショップなどでいろいろなプラスティックの便利物が安く手に入りますがンフランスでは往々にしてプラスティック商品は安くなく、便利物の種類も少ないです。最近、見つけて気に入っているのがこのプラスチック容器。便利で、しかも安かった!


洗った後は、この中にいれて水を切ります・・・
昔は、サラダ菜の水を切るのに・・というか、ふき取るのに乾いた布きん(麻)をよく使ってました。



スペインにはじめていったときに感激したのが海岸沿いのレストランで注文したサラダ。
2・3種類のサラダ菜を無造作にお皿の上に盛ってくるのですが・・・ドレッシングはなし!
各自がが勝手に、テーブルの上に置いてあるビネガー、オリーヴ・オイル、塩、胡椒して食すというもので・・・新鮮で美味しかったです!

蛇足ですが・・・・フランスでこれから生活しようと日本で準備をしている方!日本製の”大根おろし”スライスが一緒に出来るタイプの(プラスティック)は是非お持ちになってください!お忘れになったら後悔しますよ!


*今日の人気ランキングこのあとで目を通してくださいな!
by naobossa | 2004-09-28 23:30 | ■食情報 | Trackback | Comments(2)

危険な関係・・・・


なんてピッタリ来るんでしょうか・・・この関係・・・ワインと胡桃

罪のない善良なあなたが、ワインを直接シャトーで購入しようと興奮してやっとの思いでシャトーにたどり着き(シャトー・オー・ブリオンを除いたら、ほとんどのシャトーはボルドー市内から遠いです。)・・・試飲の時に胡桃を出されたら、黙ってお引取りになったほうがいいですよ。(真面目なシャトーではありません。胡桃の味で、ワインが倍美味しく感じてしまいます。)

ちゃんとしたシャトーはまず個人にはいはいと言ってワインは売りませんし、試飲の時には何も出しません。せいぜい、お水。お気をつけ下さいね・・・


しかし、たくさんの日本の人がワインに惹かれ、勉強し、頑張ってるんですね・・・僕には深すぎてお手上げです。ボルドーに来てこの10年間でボルドーワインは2000本くらい飲んだでしょうか。(もちろん一人ではないですが・・・)さっぱり、わかりません。ただ、問題なのは、近頃、若いワインが全然飲めなくなり、ボルドーの若いワイン(2001年、2002年)を飲むんだったらマルモンドMarmande、ビュゼBuzetかスペイン・ワインを選びます。(95年モノのボルドーは手ごろな値段では全然ないし、それ以前のものは問題外だし・・ねぇ~)

*あくまでも僕が飲んでるワインは高級モノではないですからね!(せいぜい5ユーローから10ユーローですから・・・)
タグ:
by naobossa | 2004-09-28 09:45 | ■食情報 | Trackback | Comments(4)