人気ブログランキング |

フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

2005年 07月 19日 ( 2 )

■牡蠣料理・・・

ボルドーにいるときは一度も作ってませんが・・・

パリで時々やるのが、牡蠣のオーブン焼き。

ほうれん草を硬茹でします。
ニンニクをおろして、醤油、砂糖と混ぜ甘辛い"たれ"を用意します。

牡蠣をプレートに乗せてオーブンに・・・

牡蠣がギブアップして口を開けるのをじっと観察してください!

ギブアップしたらそろそろ食べ頃。オーブンから取り出して、ほうれん草を少々牡蠣の上におき、用意した"たれ"をかけて召し上がってくださいな!


by naobossa | 2005-07-19 16:50 | Trackback | Comments(4)

■日曜の夜の外食・・・

何度か、書いたことがあると思いますが、日本とフランスの外食観念はかなり違っているかと思われます・・・

フランス人が外食というと、けっこう気張る、というか真剣!

日本のようにお気軽に定食屋、ラーメン屋、回転寿司、居酒屋チェーン店、ファミレス・・・「今日は冷蔵庫に何もないから・・・」「仕事の帰りに・・・」「いつもの定食屋に・・・」これ、あまりありません。まぁ、日本人が俗にいう、今日はフレンチにしようか(←この"フレンチ"という言葉、いまいち好きではありませんが・・・フランス料理といって欲しいなぁと思いますが。)的に、特別の日に誰かと行く感じで・・・・しかも、フランスの外食はかなりお金がかかります。パリのレストランはほとんどが旅行者(外国人、フランスの地方人)ではないかと思うこともよくあります。

もちろん、パリジャン達も外食はしますが、安くて美味しいところはほとんどが"口コミ"で。。。


その他は、アジア食!(本物の日本レストランは別!)最近は、前にも何度か書いてますが、日本の居酒屋、ラーメン屋がフランスのビジネスマン、キャリアウーマンの馴染みにというか、生活に密着しつつあります。

パリには安くて美味しいアジアレストラン(中華街やインド街があってかなり本場物を味わえます)は年中無休で頑張ってますが、地方都市ではそんなわけには行かず。

ヴァカンスが始まて2週間もたった、7月の日曜日、安くて、まぁまぁ食べられて、量が多くて、日曜日の夜やっている、しかも予約なしで7、8人が一緒にテーブルにつけるレストランを見つけるのはかなり難しい事を先日、再認識!

いろいろ考えた挙句、サンミッシェル界隈のアラブ料理屋かポルトガル料理屋にすることに決めました。問題は、アラブ料理屋はお酒が飲めない!(僕は我慢できますが・・・)ということで、結局7人でポルトガル料理屋に行くことに決定。

こんな感じでした・・・・
by naobossa | 2005-07-19 07:22 | Trackback | Comments(2)