人気ブログランキング |

フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

2006年 02月 28日 ( 3 )

ILE-DE-FRANCE(イル・ド・フランス:パリ盆地を中心とする地方名)で作られているチーズたちの展示と実際に作る行程をデモンストレーションしてました。















Salon de l'agliculture画像

by naobossa | 2006-02-28 23:10 | 【コンクール&エキスポ】 | Trackback | Comments(0)
オーストリアのブースで頑張っていたお兄ちゃん。チーズの味見をさせてくれましたがクセがなくて美味しかったです。



スペインのハムと豚肉加工食品はかなり魅力的でしたねー。


このスペイン産のハム、味見しましたが、もう最高!!



grenier medoquinグルニエ・メドキャンにそっくりの味でした。
海産物ブースもかなり遊べました。

南仏オリーヴのブースもかなり充実していました。


このブログで以前にも紹介した緑のダイヤモンドのブース


■緑のダイヤモンド・・・

■新オリーヴ(L'OLIVE DE LUCQUES(La Lucques de Bize) ビーズのオリーヴ)

ウチのマカロンは小麦粉・脂質分は一切使ってないのよ!と頑張っているおばさんでした。




飴食べる?っていきなり、サクランボ・フレバーのボンボンをくれたサクランボの名産地のブースにいたムッシュ。話が弾み始めたら、笛と太鼓を出してきて演奏してくれました。



画像
-続く-

Salon de l'agliculture画像

by naobossa | 2006-02-28 18:36 | 【コンクール&エキスポ】 | Trackback | Comments(4)

■チェリモヤ

世界三大美果ってなにか?って探したら・・・

マンゴー、マンゴスチン、チェリモヤなんだそうです。

マンゴー、マンゴスチンはパリの13区にある中華スーパーに行けば簡単に手に入りますが、

チェリモヤって何?

ご存知でした?

早速いろいろ調べたところ・・・

原産地は南米ペルー、エクアドルのアンデス山脈の高地で収穫される果物なんだそうです。
果肉は白く、イチジクのように柔らかくクリーム状で、黒い種子を有しているそうで、日本では
2個で4千円ですって!!


フランスで探してみましょう。

マンゴー、マンゴスチン、チェリモヤは『熱帯果樹写真館』【熱帯果樹リスト(五十音順)】(管理人さんのハンドルネームは”ねこがため”さん)のページで詳しく紹介されています。
by naobossa | 2006-02-28 06:28 | ■食情報 | Trackback | Comments(2)