人気ブログランキング |

フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

2006年 03月 03日 ( 3 )

■久しぶりの仏家庭料理

ボルドーに(戻ってすぐの)夕飯は、肉料理・・・


左の牛肉はバベット(牛の上方腹部肉bavette)、右はフランシェ(牛の腹部肉flanchet)


このフランシェ、煮込みに使うことが多いそうですが、こんな感じでさっと焼くと最高にウマイ!バベットより好きかも。

ロケットサラダも新鮮でいい感じです。



この、キャロットラペとセロリレムラードはウチのすぐ近くの肉屋のものですがウマイ!!(かなりウマイ!)

by naobossa | 2006-03-03 20:46 | Trackback | Comments(0)

■Thierry Marx

ボルドーから北上、Pauillac (Paris から650 km.Bordeaux から50 km) にあるChateau Cordeillan Bages のカリスマシェフThierry Marx。
今回ミシュラン☆☆獲得、"GaultMillau 2006"では19/20で2006年度の"シェフ"に選ばれました。

大の日本ファンらしく、料理界の平松氏、三国氏ともかなり親しく付き合っているらしいです。刺激を受けに定期的に日本に行き、東京のホテルの一室を定宿に、毎日朝早くから散歩に出かけるのが楽しみのよう。

元職業軍人だったこともあり、ボディーガードの経歴も持つ、料理は全く独学の変わり者シェフ。

仕事がオフのときは従業員に護身術を教えたり、毎週土曜日にはボルドーのボクシングジムで汗を流したり・・・。

東京の街を"たこ焼き"を美味しそうに箸で食べながら散歩するThierry Marx、『アジアのストリートフード』にかなり興味を持っているみたいです。これから、どんな風をフランス料理界に吹かせるのか楽しみです。

そんなルポタージュを今日テレビで観ました。


(2001年根津神社にて)

Chateau Cordeillan Bageshttp://www.cordeillanbages.com/
by naobossa | 2006-03-03 09:01 | ■キャフェ&レストラン | Trackback | Comments(0)


田舎パン、ブリオッシュ、フーガス・・・・うれしくなるものが一杯で!もちろん、全部味見が出来ます。
残念ながら、今回は今日のみしか時間がなかったのですが、次回は、2・3日かけてゆっくり全館を観てまわろうと決心しました。









Salon de l'agliculture画像


■国際農業見本市SALON DE L'AGRICULTURE 【1】
■国際農業見本市SALON DE L'AGRICULTURE 【2】
■国際農業見本市SALON DE L'AGRICULTURE 【3】

by naobossa | 2006-03-03 05:21 | 【コンクール&エキスポ】 | Trackback | Comments(0)