人気ブログランキング |

フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

2006年 07月 11日 ( 2 )

■バスクからのお菓子

ウチの彼女の両親がバスク地方でヴァカンスを過ごし、お土産に持ってきてくれたバスクのスイーツたち・・・

■バスクからのお菓子_a0014299_1741115.jpg


■バスクからのお菓子_a0014299_17411771.jpg


僕にはマカロンMacaronにしか見えないのですが、どうやらちと違うよう・・・Mouchouムシューと呼ばれてます。(天使の)キッス"口づけ"とでも訳しておきましょうか・・・1948年、マカロン製作工程で失敗した時に誕生したお菓子だそうです。
中身にはスペイン産の上質なアーモンドを使っているそうです。外側はマカロンよりかなりソフトな食感です。

大きな問題は・・・

食べ始めたら、"やめられない"って事でしょうか。

■バスクからのお菓子_a0014299_18645.jpg


■バスクからのお菓子_a0014299_1862572.jpg


■バスクからのお菓子_a0014299_1864780.jpg


箱の絵は、バスク人画家Ramiro ARRUEの作品。


http://www.paries.fr/SITEPARIES/html/histo.php

-続く-
by naobossa | 2006-07-11 18:17 | ■食情報 | Trackback | Comments(2)

■久しぶりの鴨料理

ボルドーに久しぶりに帰ってきて、まず食べたくなったものは"鴨゛・・・

ウチの彼女の両親がバスク地方でヴァカンスを過ごしパリへの岐路の途中ウチで一晩泊まる事になり、夕食はウチのテラスで鴨(コンフィ)を。

■久しぶりの鴨料理_a0014299_21591.jpg


湯煎して脂肪をとかします・・・
■久しぶりの鴨料理_a0014299_222517.jpg


いつもは、鴨とポテトですが、バスクに向かう途中にボルドーに寄った時に両親が田舎の別荘で趣味で作っている野菜たちを一杯持ってきてくれた中にレタスがこれまたすごい量で、かなりの間、(ウチの彼女独りで食べきれなく)冷蔵庫で寝ていて・・・今回はレタスと一緒。

この脂肪で、フライドポテトを作ると絶品らしいのですが、ウチでは一度も作ったことがありません。

■久しぶりの鴨料理_a0014299_273459.jpg


久しぶりの鴨と(しばらく゛寝ていても")新鮮なレタスに満足でした。

デザートは両親のバスクからのお土産・・・次回にアップです。

【参考サイト】
鴨もも肉のコンフィ(フランス)http://www2.edu.ipa.go.jp/
by naobossa | 2006-07-11 02:14 | ■食情報 | Trackback | Comments(0)