人気ブログランキング |

フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

2006年 07月 31日 ( 4 )

■夏の休暇・・・

7月26日〜8月24日までお休み・・・・

■夏の休暇・・・_a0014299_21493745.jpg


最寄りの夏期営業しているパン屋の住所が記載されてます。

■夏の休暇・・・_a0014299_21502790.jpg



MULOT
by naobossa | 2006-07-31 21:55 | 【パン】【街角のパン屋】 | Trackback | Comments(0)
いつもよだれが垂れる、要チェックのサイトのご紹介・・・

A TABLE-ilyfunet.com

フランス在住の方なら一度は手にした事が・・・のフリーペーパーOVNI編集長の佐藤真氏の料理紹介のWEB版。

いつも、簡単・明快な料理紹介、説明に脱帽。いつか試してみたいなぁ〜という料理が満載です。


おいしい画帳-こぐれひでこYOMIURI ONLINE

ご本人は当然僕の存在など覚えてもいらっしゃらないでしょうが、遠い昔、ヘアーメークの仕事をパリでしている友達の紹介でベルビルで食事、サンジェルマンのキャフェで快談、楽しいひとときを過ごさせてただいた事がありますが・・・・

彼女のイラスト、料理・食材紹介は楽しい限り。

毎回、よだれを垂らしながら楽しく拝見させていただいています。




■戦争反対・・・
by naobossa | 2006-07-31 18:24 | 【レシピ】 | Trackback | Comments(4)
by naobossa | 2006-07-31 18:00 | ■キャフェ&レストラン | Trackback | Comments(2)

■Bag-In-Box (箱ワイン)

友人宅でのパーティ等大人数が集まる機会に利用させてもらったことがあります。

3、5、10リットルとさまざまな容量のものがあります。

この箱ワインの特徴はなんといっても酸化等による劣化がないことと持ち運びが容易なこと。

ワインはアルミ包材の袋に入っていて、空気と光が遮断された状態で箱の中に入っています。

グラスに注ぐときは箱の下部についた小さな蛇口の形をした注ぎ口から。

フランスでは以前はテーブルワインだけがこの形で販売されていましたが、最近は原産地名の記載された箱ワインの見かけるようになってきました。

あるイベント会場のレストランでは通常の瓶入りのワインにいったん開けてしまった場合に起こりうる酸化によるロスが回避できるとして積極的に利用されていました。(グラスワインで提供する際いつでもフレッシュなワインをお出しできますとのこと)


さて日本ではどうでしょうか?

10年前にはまずみかけることがなかった箱ワインですが、友人の話では最近はフランス産だけではなく、さまざま国のものが手に入るとのことです。


■Bag-In-Box (箱ワイン)_a0014299_5454536.jpg


文と写真by YASU
by naobossa | 2006-07-31 05:52 | Trackback | Comments(2)