人気ブログランキング |

フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

2006年 08月 05日 ( 1 )

久しぶりにサンジェルマンのキャフェで友達カップルとゆっくり食後のキャフェを楽しみました・・・・

a0014299_16431653.jpg


大きいコーヒーカップ(タスtasse)はCafé Allongé

Café Doubleドゥブル(ダブル、コーヒー2杯分を一つのカップで注文するときに使う)とは違い、濃いエスプレッソ(エクスプレスExpress)が苦手な人に、薄めてもらったコーヒー。
良心的なお店では価格は小さいタスのエクスプレスと変わりません。

パリでは、ほとんどの場合、キャフェオレCafé au laitと言っては注文しないというのはずーっと前にこのブログでも書いてますが・・・・クレームcrème、およびキャフェクレームと言って注文。大きいタスでは多すぎるという人は、プチクレームと言って注文してください。
エキスプレスに少しだけミルクを入れて欲しい場合は、ノワゼットnoisetteと言ってくださいな。

パリの場合、"キャフェ"の発音が多く聞かれ"カフェ"という人は少ないはず・・・・メトロの"カルネ(10枚綴りのキップ)"も"キャルネ"です。

a0014299_1782544.jpg



by naobossa | 2006-08-05 17:15 | ■キャフェ&レストラン | Trackback | Comments(0)