人気ブログランキング |

フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

2006年 10月 29日 ( 5 )

『ハロウィーン(Halloween)は、キリスト教の諸聖人の日(万聖節)の前晩(10月31日)に行われる伝統行事。

家族の墓地にお参りし、そこで蝋燭をつけるという地方もある。墓地全体が、大きなランタンのように明々と輝く。日本のお盆の迎え火、送り火にも似ているかもしれない。ただ、これに合わせて欧米では、放火事件などが頻発する。

これに因み、31日の夜、カボチャをくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン」(お化けかぼちゃ)を作り、魔女やお化けに仮装した子供達が「トリック・オア・トリート(Trick or treat. お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」と唱えて近くの家を1軒ずつ訪ねる。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供達は貰ったお菓子をち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりする』
ハロウィン-出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

Toussaintの街角から(パリ)・・・・
子供達、1週間のお休みでパリはヨーロッパ各国からの観光客でにぎわってます。
オデオン界隈のレストラン・・・
■Toussaint万聖節、Halloweenハロウィン_a0014299_21144981.jpg


■Toussaint万聖節、Halloweenハロウィン_a0014299_21151329.jpg


■Toussaint万聖節、Halloweenハロウィン_a0014299_21155419.jpg

オデオン界隈ののチョコレート屋・・・



サンジェルマン界隈のチョコレート屋・・・



■Toussaint万聖節、Halloweenハロウィン_a0014299_21194598.jpg



【参考サイト】
ハロウィン-出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Halloween

Toussaint

by naobossa | 2006-10-29 21:30 | ■食情報 | Trackback(1) | Comments(0)
僕のまわりの何人かのオーストラリアたちのソウルフードが米国で危機!!


『[ニューヨーク 23日 ロイター] オーストラリア人とニュージーランド人は「ベジマイト」というパンに塗って食べる塩辛い茶色のスプレッド(バター状のもの)が大好物である。ところが、両国から入国する人たちが「ベジマイト」を違法に持ち込まないかを米国の税関当局が検査し始めた、との報道を受けて、在米の両国人の間でパニックが起きている。

ベジマイトは、米国のクラフト・フーズがオーストラリアで製造している酵母イースト・スプレッドだ。』
■米国在住の豪人10万人がパニック?_a0014299_44547.jpg
(画像:(ロイター/Brendan McDermid))


米税関当局が、オーストラリア人のソウルフードの持ち込みに目を光らせ始めた? | Excite エキサイトより・・・・



しかし、ベジマイトもマーマイト(英国)も僕には苦手なモノ。何度か友達からもらったのですが・・・まず、臭いでダウン。食してノックアウト。

オーストラリアやニュージーランドの人たち皆がけして好きなのではないそうで・・・日本の"納豆"的存在なの?

しかし、思い出す度に・・・ごめんなさい・・・吐き気がします。はい。


【参考サイト】
ベジマイト-出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


by naobossa | 2006-10-29 04:52 | ■食情報 | Trackback | Comments(0)
by naobossa | 2006-10-29 04:26 | 【ブティック、スーパー】 | Trackback | Comments(0)

■新製品(ペンネ)

全粒小麦(BLE COMPLET)で出来たペンネ(Penne)
■新製品(ペンネ)_a0014299_475231.jpg


■新製品(ペンネ)_a0014299_421596.jpg


■新製品(ペンネ)_a0014299_424275.jpg


けして、茹ですぎていないのに・・・何故か腰が無く、ちと不満でした。


ペンネ-出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


by naobossa | 2006-10-29 04:06 | 【簡単料理】 | Trackback | Comments(0)
by naobossa | 2006-10-29 03:49 | ■キャフェ&レストラン | Trackback | Comments(0)