人気ブログランキング |

フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

2007年 02月 27日 ( 3 )

日曜日のアンジェリーナ
■アンジェリーナANGELINA(サロン・ド・テ)PARIS_a0014299_165746.jpg


■アンジェリーナANGELINA(サロン・ド・テ)PARIS_a0014299_16571936.jpg


■アンジェリーナANGELINA(サロン・ド・テ)PARIS_a0014299_16573669.jpg


■アンジェリーナANGELINA(サロン・ド・テ)PARIS_a0014299_16575294.jpg


相変わらずの人気店、老舗Angélina

随分前に噂のモンブランを食したことがありますが、大失敗。

ショコラ(ホットココア)と一緒に注文・・・あまりの量に食べきれなかった覚えが。(今なら平気ですが)
しかも、メレンゲがいまいち苦手なので。上部(マロン)はとても美味しかったのに・・・スポンジ(ジェノワーズ)だったらうれしいいのに・・・・


【参考サイト】
Angélina 

アンジェリーナ(フランス菓子) 

サロン・ド・テ・アンジェリーナ 

モンブラン (ケーキ)出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で 
『このケーキの誕生については、主として、モンブランを看板メニューとするパリの老舗カフェ「アンジェリーナ」でとする説と、東京・自由が丘の「モンブラン」でとする説がある。

前者は、このカフェの創業が1907年である事を根拠とするが、モンブランがメニューに加えられた時期が定かでない。対して後者は、初代の店主が1933年にフランス・シャモニーを旅した際に見たモンブラン山の美しさを、帰国後にケーキで表現した事を根拠とするが、モンブラン山の麓のカフェで供されていた「モンブラン」という菓子を参考にしたともされている。また、日本独特の黄色いモンブランをフランスが逆輸入しフランス流にアレンジするのも不自然であり、こちらも本物の元祖であるのかは定かでない』
という記事を見つけた。

モンブラン(東京自由が丘) 

真相が知りたいです。

by naobossa | 2007-02-27 17:10 | ■キャフェ&レストラン | Trackback | Comments(6)

■安易なレモン(PARIS)

こんな簡易なモノを使っちゃいけないって?わかってますが・・・・

■安易なレモン(PARIS)_a0014299_631163.jpg


■隣りのワイン屋さん・・・(ボルドー) 


便利です。コレ・・・

レモンは好きなのでよく買うのですが、ついつい冷蔵庫の中でミイラ化したレモンを発見するのが度々で。使い切れない・・・

昨年末、久しぶりに買って、改めて便利!って思ってしまいました。
もちろん、生とは比べてはねぇ〜でも便利。これ一言です。はい。

僕の夢・・・(半世紀生きても"夢”はまだ限りなくあるんですが)

お茶(紅茶)を飲むとき、牡蠣を食べるとき、ドレッシングを作るときなどなどのシーンで、裏の畑・・・いいやいや果樹園でとかナポリの湾の見えるテラスで栽培しているレモンの木からもぎ取って来るレ・モ・ン!!で・・・なんて、よくないです?

憧れます。
by naobossa | 2007-02-27 06:22 | ■食情報 | Trackback | Comments(4)
■最近食したチーズ(PARIS)_a0014299_029276.jpg


■最近食したチーズ(PARIS)_a0014299_0291664.jpg


FRANPRIX(サンスルピス)で1,80ユーロ
ちとMunster らしくなく、不満・・・


【チーズ】 

やっぱ、Munster はこれが最高!


■最近美味しかったチーズ(パリ) 


【参考サイト】
Munster (fromage)

日本でめぐり合うチーズたち(楽天市場)



更新!■ゴミ箱(PARIS)

by naobossa | 2007-02-27 00:38 | ■食情報 | Trackback | Comments(0)