人気ブログランキング |

フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

<   2004年 09月 ( 58 )   > この月の画像一覧

カルヴァドス(Calvados)は、フランスのCalvados地方で作られている、りんごから作った発泡酒であるシードル(Cider)から作る、蒸留酒です。

本来は、若い(2年以内の)シードルを蒸留して作られたものだけがカルヴァドスとして名乗る事が許されます。

*Calvados Boulard


*château Saint-Jeanの展示館コレクション
by naobossa | 2004-09-15 09:38 | ■食情報 | Trackback | Comments(0)
ピエール・エルメ、秋の新作登場 パリノルールblogから・・・・


以前にも書きましたが、
このピエール・エルメ(日本ではお菓子界のピカソと呼ばれているそうですが・・・)のお店がパリのうちの近くに出来たと時は大変でした。連日、長蛇で・・そこまでしてお菓子を買うか?とひねくれものの僕なんぞは嘲笑しておりました。
 
お店の構え(外見)は高級宝石店のよう。お菓子の値段も宝石のよう(ちょっと大げさですが・・)ウインドーから覗く限り・・・確かに芸術的!ピエール・エルメのルポタージュを見ましたが、お店が出来たのは東京のほうがパリよりも早く、スタッフの数人かは日本の流行にとても精通していて、エルメ自身も奥さんもかなり和の食材に詳しいみたいでした。

エルメを囲むパーティ金1万円也・・・すごー!!どうも貧乏性の僕は、このてのお金を払って・・・を囲む会・・みたいのは嫌いです。しかも、どうもエルメさんの容貌を見る限り繊細さを感じ取れなく、いまだに(お店の前はしょっちゅう通るのに)彼のお菓子は食べていません。
*この偏見がなくなったら僕の人生はもっと楽しくなるのになぁ~(笑)
by naobossa | 2004-09-14 19:08 | 【ブティック、スーパー】 | Trackback | Comments(6)

ハンガリー料理

ウチの彼女が、ハンガリーに行ったときに食べた料理をお土産に買ってきたパプリカで作ってくれました・・・・

*パプリカ・スパイス図鑑
*パプリカ・野菜辞典





【材料】ピーマン、オニオン、トマト、豚肉そしてパプリカ。

ご飯にすごく合うので僕としては大満足です・・・・

*ハンガリーへ温泉に浸かりに行った後、絶対にこの料理が食べたいわ!と思った方はクリックしてくださいな!温泉はハンガリーまで行かなくてもいいけど、この料理を食べにボルドーまで行きたいわ!と思った方も迷わずクリック!!
by naobossa | 2004-09-14 06:22 | Trackback | Comments(5)

お知らせ・・・

今回BBS【みんなの美食村】を設けました。
に関しての質問、レストラン紹介(東西問わず・・・)など、どんどん書き込んでくださいな!このBBSはあくまでも僕が主体ではありませんので皆さんで盛り上げてください!

但し、管理人として主旨を外れた書き込み、中傷などの他人を不愉快にさせる類の書き込み(人の権利を侵害するもの、他人に経済的・精神的損害を与えるもの、脅迫的なもの、他人の名誉を毀損するもの、他人のプライバシーを侵害するもの、いやがらせ、他人を中傷するもの、猥褻・猥雑なもの、品性を欠くもの、罵詈雑言に類するもの、嫌悪感を与えるもの、民族的・人種的差別につながるもの)は削除しますのでご了承ください。
by naobossa | 2004-09-13 23:16 | Trackback | Comments(0)

■サフランsafran

パエリャに欠かせないのがこのサフラン。スペインでは上質のサフランが比較的手ごろな値段で手に入ります。


*スパイス図鑑

それとこのパエリャ用の鍋というかパン・・・・


これはボルドーのスーパーでスペイン・フェアーの時にまあるいいご飯を2袋買ったらおまけについてきたもの。ガス使用と明記されているので今まで使ってませんでしたが、一度バーベキューで試してみようかと戸棚の中から引っ張り出してきました。
by naobossa | 2004-09-13 08:50 | ■食情報 | Trackback | Comments(2)

■ミュスカ muscat


ミュスカ muscat vin doux 甘口ワインです・・・
ウチではもっぱら、アペリティフとして飲みますが、フォアグラとよく合います。値段も手ごろ、ウチなんか横着にこのボトルのまま冷蔵庫に入れておきます。
by naobossa | 2004-09-13 00:04 | ■食情報 | Trackback | Comments(6)
magret de canardは以前にも書きましたが、フォア・グラfoie grasを取った後のお肉。今回は、フライパンでグリルして、ジャガイモのソテーと一緒に!


脂身がすごいのでこんな感じで油が飛び散らないように丁寧に焼きます・・・

2002年モノのGraves・・ちょっと早いですが、待ちきれず今日飲むことにしました。


ああ~美味しかった!!
*今回はvaletteの鴨を使いました。
by naobossa | 2004-09-12 08:18 | ■食情報 | Trackback | Comments(4)

■シノワ chinois


形が円錐形の中国帽に似ていることからスープこし器の事をシノワ(中国人)とフランスでは呼びますが、このタイプもシノワと言う人も多いです。
これは、蚤の市で見っけたものですが、僕は天ぷら油をこすのに使ってます。
by naobossa | 2004-09-12 07:05 | 【キッチングッズ】 | Trackback(1) | Comments(5)
牛乳ライス riz au lait・・・




お食べになったことありますか?
フランス人が大好きなデザートですが僕は外見だけで・・・ダメ。

お米を使った他のデザート・お菓子(おはぎも)やはりダメです。どんなに甘いものに飢えている時でもこれだけは勘弁です。ウチの彼女があまりにも美味しそうに食べているのを見ると・・・トライしてみようかなとは思うのですが一口で止めます。
by naobossa | 2004-09-11 18:13 | ■食情報 | Trackback | Comments(10)

僕がもっとも興味を持っていたフランス料理のシェフBernard Loiseau が52歳の若さでこの世を去った時はショックでした・・・

*2003年2月24日の午後、Saulieuの彼が経営するレストラン"La Côte d'Or"に隣接した自室で銃を使って自ら命を絶ちました。

世間の評判はともかく、彼の話しを聞いていると、本当、フランス料理が大好きになりそうです。ある番組で、自分の子供達に自分のパッションを説明している彼を見て感激しました。いつも、独創的で、エネルギッシュで・・・・残念です。一度でいいから彼の作った料理を食べ、彼と料理の話しがしたかったなぁ~(時間は有ったけど・・・お金がねぇ~)

毎回、インタビューでシェフはどんな料理がお好きですか?と訊かれて、Bernard Loiseauは必ず・・・「僕のおばあちゃんが作ってくれたウフアラコックOeufs à la Coque(半熟卵)!その黄身をムイエットmouillette(細長いパン切れ)に付けて食べる時が最高に幸せだった!!」と答えてました。

こんな現代的なしかも電子レンジでウフアラコックOeufs à la Coqueを作ってしまっては彼には申し訳ありませんが・・・・
ウフアラコックOeufs à la Coqueを食べる時、いつも彼の事を思い出します。
・・・・合掌



*パリ6区サンジェルマン村で紹介しています。
*Oeufs à la Coqueタラマつきのmouilletteで食すOeufs à la Coque

*私、"La Côte d'Or"に行ったわよ!という方はクリックしてくださいな!是非お友達になりましょう!(笑)タマゴ好きに悪い人はいません!(僕が大好きですから・・・)そして、私も卵料理好きだわ!!っておっしゃる方はいい人ですのでクリックをお忘れなく!!
by naobossa | 2004-09-11 10:00 | Trackback | Comments(0)