人気ブログランキング |

フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

<   2005年 02月 ( 45 )   > この月の画像一覧

とにかく、これでもかぁ~といっぱいエピス(スパイス)を入れた感じ・・・







この■PAIN D'EPICES、かなりクローブ(丁子)がきついので苦手な人が多いかも?(歯医者さんを思い出して・・・・さすがベルギー人!甘いものに歯痛止めの薬を入れてる!って思わないで下さいよ^^)
ベルギー製、1829年に創業したお菓子屋さんだそうで。ハチミツもかなり入っていて美味!

一瞬、住所を見て笑いました・・・・
31 Rue aux Beurre 1000 BRUXELLES
バター通りですって!!




フランス時間の21日午後、またまた日本のラジオでのパリ紹介の録音をしました。今度の2月23日(水)21時からオンエアですのでお時間があったら是非!(ほんの5分程度ですが)
SEVEN TOKYO FM

by naobossa | 2005-02-22 02:37 | ■食情報 | Trackback | Comments(8)
何故かこの食事をアシエット・アングレーズassiette anglaiseとフランスでは呼ぶらしい・・・


正確には"冷肉とハムの盛りわせ"らしいが、これも一般的にはアシエット・アングレーズassiette anglaise



内容は・・・残り物ばかりで冷たいまま食せるというもの。ただし、英国人はアンドゥイエットやモルトーなんか食べないでしょうが。*を参照してください
サラダ菜はロケットroquette、あとセロリ・ラーヴ celeri-rave・・・


料理する時間がないときには便利ですが・・・何となく温かいものがないのは寂しい!あと、肉やチーズを食べ過ぎたあとは・・・もう2度とチーズなんかと一瞬(ほんの・・・)思いますが、そんな時このアシエットを食べると、またチーズと肉が欲しくなるのは僕だけでしょうか?

このブログは【ジャンル別人気ブログランキングベスト100】【人気blog Ranking】に参加しています。

by naobossa | 2005-02-20 20:55 | Trackback | Comments(6)
"Mont d'Or" ou "Vacherin du haut Doubs"・・・
*Vacherinヴァシュランは今が旬!

9月10日~5月10日まで販売許可されているチーズで、久しぶりに食しました。

La vente au consommateur est autorisée du 10 septembre au 10 mai.
*"Mont d'Or""Vacherin du haut Doubs"-www.cniel.com/
*Vacherinヴァシュラン:フランスののスイスの国境のジュラ山脈で作られているチーズ。スイスでも同じ名前のチーズが存在。
*Mont d'Or観光局






いろんな食べ方がありますが・・・

今回はオーブンでただ温めて。(本来はチーズの真中にくぼみをつけて白ワイン適量流し込み、ニンニクのみじん切りも加えます。)

一緒に食したハム&ソーセージたち・・・




-jambon de Paris
-andouiette( andouille大腸にブタなどの腸・胃などを詰めたソーセージ)を輪切り/小さくしたもの。何故か、フランス語でアンドゥーユandouilleは馬鹿/間抜けの意味で使われる。
-La Saucisse de Morteau
-serrano(スペイン)
-saucisson sec
*フランスで毎日食べても飽きない食材がCharcuterie(シャルキュトリー、ハム・ソセージなどの豚肉加工製品)。

オーブンで温めます・・・



出来上がり!!

茹でたジャガイモとハムたちの上に"とろけた"チーズをかけて・・・・

この季節、ラクレットも楽しいです・・・



ボナペティ!!Bon appétit!! 
("たくさん召し上がれ!"の意。"頂きます"の代わりに使う言葉で、これから食べようとしている人、食事に出かける人にもこのフレーズは使えます。)
by naobossa | 2005-02-19 18:00 | 【チーズFROMAGE】 | Trackback | Comments(8)

■コニャックcognac

【至福のレミーマルタン、オトナの飲み方講座】 で紹介されていた1本525万円のコニャック!!

コニャックは一番好きなお酒。昔はよくパリでJAZZライブを聴きながら朝方までコニャックを飲んだものです。

しかし、この超レア物のコニャックはボトルはバカラ社製クリスタル。キャップに4・31カラットのコニャックカラーのダイヤモンドがキラッ☆ 限定2本、日米1本ずつなんですって!!

名前は『「レミーマルタン ルイ13世ダイヤモンドスペクタキュラー」(1500ミリリットル)』
*創業は1724年。ブランド名は創業者名に由来、コニャック地方ジャルナック町の東北、ルイヤックのぶどう栽培者マルタン夫婦の息子・レミーが蒸留にも手を広げたのが始まりだそうです。

ミッテラン大統領が他界したときに(別に大ファンではなかったのですが、何かと縁があり、パリの彼の自宅の裏道には毎日のように通っていたし・・ジャルナック(ミテラン大統領の故郷)に埋葬されると聞き車を走らせました。

*Jarnac観光局
*フランソワ・ミッテランFrançois Mitterrand-出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

瓶とかパッケージより、中身が気になるっ!!僕は「V・S・O・P」しか呑んだことがないので・・・

アルマニヤックarmagnacも魅力的で、こちらはちゃんと年代が明記されますので、自分の誕生日の年のアルマニヤックなんてプレゼントにいいですよ。
一度、日本の友達に頼まれて、ある年代のアルマニヤックを探したのですがたまたま隣りのワイン屋にありました。

そのアルマニヤックの能書きには・・・・
『おじいちゃんが植えた木で、オヤジが樽を作り、僕が樽にアルマニヤックを詰める・・・・』


■コニャック ブランドの種類と熟成年数
(1)「V・S・O・P」熟成年数4-12年
(2)「1738」4-20年熟成。「コニャックを語るコニャック」。ルイ王朝時代の味わい再現
(3)「XOエクセレンス」10-37年熟成の原酒300種ブレンド
(4)「クラブスペシャル」5-25年熟成の原酒ブレンド。ほんのり甘口
(5)「エクストラ」20-50年熟成の原酒ブレンド。フィン・シャンパーニュ・コニャックの頂点
(6)「ルイ13世」40-100年の熟成期間を経たコニャックの原酒約3000種類をブレンド

*Louis XIII de Rémy Martin-www.remy.com
*Louis XIII de Rémy Martin-translate.google.com
*ルイXIII ダイヤモンド スペクタキュラーwww.asahibeer.co.jp
by naobossa | 2005-02-18 18:16 | ■食情報 | Trackback | Comments(10)

■ショコラ chocolat





ああぁぁ~年始のダイエット計画はどこへ・・・・

バレンタインのケーキ、ショコラ・・・・

しかし、このチョコレート屋(バスク地方のチョコレート屋)パケージングも上手いけど、この中身、わざとイレギュラーになっていて何となくアルティザナ(手仕事artisanat)的で食欲を誘われます。ブラック・チョコにオレンジ風味、ミルク・チョコにナッツ、ブラック・チョコにアーモンド、ホワイト・チョコレート・・・・


- ドイツ語Allemand: schokolade

- 英語Anglais: chocolate

- デンマーク語Danois : chocolade

- スペイン語Espagnol : chocolate

- フィンランド語Finlandais : sukiaa

- フラマン語Flamand : chocolade

- ギリシャ語Grec : sokolata

- イタリア語Italien : cioccolato

- オランダ語Neerlandais : chocolade ou chocola

- ノルウェー語Norvegien : sjokolade

- ポルトガル語Portuguais : chocolate

- スウェーデン語Suedois : choklad


最近、いろんなメル・マガを購読してますが・・・
先日へんな、というか信じられない記事があったのでご紹介。

☆チョコレートは気分を沈静化する作用がある。これは「テオブロミンという成分の作用。しかしこの成分は犬や猫にとっては猛毒。体重10kgの犬なら、無糖チョコ60gで致死量。

雑学大作戦:知泉 ┃   編集:杉村 (No.628)

雑学大作戦:知泉
*マジですかねぇ~このネタ・・・・真実を知りたいものです。


人間にとっては・・・
*【カカオポリフェノールが動脈硬化や胃潰瘍を予防する「チョコ」 】
チョコレートには動脈硬化予防、アルコール性胃潰瘍抑制、リラックス効果があり、冷え性や便秘の改善にも役立つし、利尿作用もあるので、むくみも取れる・・・・そうで。

リラックス効果、利尿作用、冷え性改善はカカオが持つ「テオブロミン」という物質の働き。
このテオブロミンはかねてより、利尿作用があることがわかっており、体のむくみが取れたり、血圧の上昇を抑える働きもある。また、毛細血管拡張効果もあるので、血液循環を促進することから、冷え性の改善にもつながるそうで、便秘解消はカカオが持つ食物繊維「リグニン」の効果なんだそう!!!
おもいきりショコラ食べよう!!!



このブログは【ジャンル別人気ブログランキングベスト100】【人気blog Ranking】に参加しています。
by naobossa | 2005-02-17 18:54 | Trackback | Comments(10)
【txotx】
Le cidre basque( SAGARDOA:バスクのシードル)nouveauシードル・ヌヴォーをお祝いする期間のことらしいです。

La fêteフェスティバルは la Saint-Sébastien (聖セバスチャン:1月20日)の前の金曜日から始まり4月まで続くそうです。
このフェスティバルはフランス側のバスク地方では10年位前まではほとんど忘れ去られた習慣だったみたいですが近頃かなり盛り上がっているようです。

シードルはもともとはバスク地方発祥でカナダにはポマードpaumadeという名称でバイヨンの人が輸出していたそう。


ノルマンディのシードル(リンゴ酒)に比べて甘味は全然ないそうで、樽から2メートルくらい離したグラスに注ぐという方法。(下記のサイトの写真を参照)
格好付けではなくこうする事によってどうやら泡立たせるみたいです。


*gastronomie-www.saint-jean-de-luz.com
*Saint-Jean-de-Luz観光局

*cidreries.htm-perso.wanadoo.fr/jacques.managau

*Le cidre basque-abarka.free.fr


「何でクリックするの?お金になるの?」
全然なりませんが、本人の励みになりますので是非ご協力を!^^
このブログは【ジャンル別人気ブログランキングベスト100】【人気blog Ranking】に参加しています。
by naobossa | 2005-02-16 23:00 | Trackback | Comments(0)

■カルピコ Calpico

最近はあまりアジア・日本食品店に行っても隅々まで見ないで目的のもののみしか購入しないので分かりませんが・・・

昔は、カルピコなんていう名前で売られていたのが・・・・大正8年7月7日発売、もう86年も飲まれている超ロングセラー商品『カルピス』

はじめはニセモノかと思いましたが(どうやら英語だとCalpisはCow piss、フランス語でもpissはきれいな言葉ではありませんので・・・)、カルピスの海外向け商品名だったのですね。

『カルピス』の"カル"はカルシウム・・・

『ピス』は・・・

梵語(古代インドの文語であるサンスクリットの称)の「サルピス」に由来するのだそうで。
 

仏教では乳味(にゅうみ)、酪味(らくみ)、生酥味(しょうそみ)、熟酥味(じゅくそみ)、醍醐味(だいごみ)【五味】とするという。

「サルピス」はこのうちの「醍醐味(一番美味なもの)」のこと、そこから「ピス」を取って「カル」につなげたのが『カルピス』という名前になったそうです。



*Calpico, Calpis, Cow piss?

*「カルピス」は、僧侶しか付けられない“珍社名”

*カルピス-http://www.calpis.co.jp/


「おお~この記事はためになった!」と思った方は下のバナーをクリックしてね!



by naobossa | 2005-02-16 19:22 | Trackback | Comments(6)
パリはクレープ専門店はいっぱい、街角のクレープやもいっぱいあるのに、このボルドーはかなり少ないです・・

人間ないとなると欲しくなる・・・まぁこのところ"クレープの日""マルディー・グラ"でさんざん食べたのでそれほどでもありませんが、となりのパン屋でこんなのみつけたので・・・"おやつ"にと。スーパーなんかではビニール袋にはいって売っていて・・・それは絶対(あまりにも美味しそうでないので・・・)買いませんが・・・



なかなか美味しいこのパン屋のクレープ。

もちろん、パリの街角で焼きたてのクレープを買って歩きながら食すは最高なんですが、クレープはやはり北(ブルターニュ)のものなんですね・・・いまだに、昔のなごりでパリのモンパルナスの界隈にはクレープ屋がいっぱいあります。(ブルターニュからパリに着く駅がモンパルナス)

あと、街角の"焼き栗屋さん"もボルドーでは見かけませんね~

【ジャンル別人気ブログランキングベスト100】
【人気blog Ranking】
by naobossa | 2005-02-16 10:03 | Trackback | Comments(4)

■フランスの料理マガジンですでにご紹介しましたが、写真もキレイ内容も充実している最近の料理マガジンですが便利物は巻末のこれ・・・


買い物に行く時に、巻末の【レシピ縮小】を"切り取り線"から切り離し、財布の中に入れて・・・
家に戻って、【レシピ縮小】に明記されてあるレシピのページを見て料理を!

このブログは【ジャンル別人気ブログランキングベスト100】【人気blog Ranking】に参加しています。
by naobossa | 2005-02-15 18:23 | Trackback | Comments(2)

■バレンタインケーキ

向かいのお菓子屋のバレンタインケーキ・・・



*画像をクリックすると大きく見えます。

スポンジとバタークリーム(まるでクリスマスのケーキと似てますが・・・)、チョコレートの粒々を散らばせ・・・

もちろん、ジェラール・ミュローピエール・エルメと比べちゃいけないんですが、なかなかの出来!満足でした。前にも書きましたが、このお店のバター・クリームは重くなく、くどくなくでいけてます。

by naobossa | 2005-02-15 17:06 | ■食情報 | Trackback | Comments(10)