人気ブログランキング |

フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

<   2005年 02月 ( 45 )   > この月の画像一覧

TOFU 豆腐

パリでは日本人が手作り豆腐を作っていたり、空を飛んできたり・・・・
もちろん、その他に中国製、シンガポール製と種類も豊富。

ボルドーではこのシンガポール製の豆腐が貴重です。"木綿"もありますが、両方とも文句なし!
BIOのお店では、豆腐、日本の醤油・たまり、味噌、梅干、なんかも扱ってますかなり高いです。








前回、日本で知った話しですが・・・・

豆腐を作るときにできる ”おから"(雪花菜)はかば(河馬)の大好物なんですって?上野動物園では豆腐屋さんに特別注文してるそうですよ^^

谷中の湧き水で作った豆腐・・最高ですよ!!
タグ:
by naobossa | 2005-02-08 18:04 | Trackback | Comments(6)
フランスでアップルパイといったらショッソン・オ・ポンムchausson aux pommes

最近何かと話題になっている料理研究家のJulie Andrieuがちょっと前にTVで紹介していたのがこの中に程よく熟れたカマンベールを入れたもの。

カマンベールといったらノルマンディー原産のフランスを代表する最もポピュラーな白カビチーズ。毎夏、ノルマンディーの片田舎で過ごす時は毎日のように食卓に登場しますがウチではあまり食卓に登場しません。

昔、フランス料理の料理人がよくバゲット(フランスパン)にバナナとカマンベールをはさんだサンドイッチを食べていたのを思い出しましたが、けっこう甘いフルーツとマッチ。故に、リンゴのコンポートと一緒でも確かに全然おかしくないですね・・・

パイ生地(フランスでは最近スーパーで既に四角く切った適当な大きさのパイ生地がパッケージになって売られてますので便利!)を用意、そのうえにコンポート、白い部分を少し削り落としたカマンベールをおいてパイ生地を閉じます。端は黄身を使って閉じ、外側も綺麗な色に焼けるようにハケで黄身を塗ります。オーブンで焼いて出来上がり!

今度トライしたらご報告しますね!

*Julie cuisine-TF1
*Julie cuisine-whirlpool
*Julie autour du monde-cuisine.tv
*Julie Andrieuのレシピ本(仏語)
by naobossa | 2005-02-08 02:07 | 【チーズFROMAGE】 | Trackback(1) | Comments(2)

croquant クロカン

とっても硬~いアーモンドが入ったクッキー・・・



単純なお菓子(クッキー)なのですが、食べ始めると止められなくなります。これはイタリア製ですが、南仏でもよく見かけます。

しかし・・・マジ硬い!!




by naobossa | 2005-02-07 08:27 | Trackback | Comments(2)

バスク食材

バスク食材_a0016148_240380.jpg

さすがバスク地方に近いだけあってボルドーの普通のスーパーでけっこう簡単に手にはいる"バスクもの"・・・

RAGOUT DE VEAU 仔牛のシチュー
RAGOUT DE THON マグロのシチュー
CALMARS BASQUAISE バスク風イカ料理(ヤリイカ)
CALMARS A L'ENCRE イカの墨煮
THON BASIQUAISE バスク風マグロ料理

などがラインナップ。
今度、試してみます・・・・

このブログは【ジャンル別人気ブログランキングベスト100】【人気blog Ranking】に参加しています。
by naobossa | 2005-02-07 02:55 | Trackback | Comments(2)

lupins リュパン

これはポルトガル製・・・・


ただの塩茹です・・・・


毎回食べる度にポルトガルの青い空と海を思い出します。現地ではこんな上品でなく、海岸でポリバケツにどさっと入っており、注文すると"おたま"ですくって小さいビニール袋に入れてくれます。(1袋10円みたいな感覚で・・・・)
カスカイスの海岸でこれをつまみながらスパーボックsuperbock(スーペル・ボック:ポルトガルのビール)を飲む!至福の悦びです!

このブログは【ジャンル別人気ブログランキングベスト100】【人気blog Ranking】に参加しています。
by naobossa | 2005-02-06 19:38 | Trackback | Comments(10)

■ポリドール Polidor



Au Polidor - 41, Rue Monsieur Le Prince - 75006 Paris

Tel : 01 43 26 95 34
創業1845年、今も内装はそのままを保持している、気取らずボリュームたっぷりのフランス家庭料理(ビストロ料理)。カルチェラタンのど真ん中にあって、よく日本から来る人のリクエストで行きましたが最近はちょとご無沙汰。

僕はこの通りの13番地でかなり長い間仕事をして、何かと想い出のある通りですが残念ながらもうそのお店ありません・・・・

この通りは何故か10年前くらいから大変身で、中国人経営の日本料理屋が8件はくだらないのでは・・・毎回、ここを散歩する度に新しい"ニセジャポ"(僕の仲間の間でしか通じない言葉で、中国人やベトナム人が経営している日本料理屋のこと)が開店しているような感じです。
ニセジャポ
ニセジャポ
ニセジャポ
ニセジャポ
by naobossa | 2005-02-06 08:15 | ■キャフェ&レストラン | Trackback | Comments(2)

ベニエ beignet

【Mardi Gras マルディ・グラ(フランス落書き帳)】にむけて、ウチのまわりでもベニエ beignetがたくさん売られてます。何故か肉屋までもベニエを売ってますが・・・



手前が【ベニエ beignet】
向こうが【メルヴェイユ merveille】

味はほとんど変わりません。形が違うだけ?
中身はこんな感じです・・・・

このブログは【ジャンル別人気ブログランキングベスト100】【人気blog Ranking】に参加しています。
by naobossa | 2005-02-05 20:41 | Trackback | Comments(14)

■セーヌ通り RUE DE SEINE

昔(20年前)は常設マルシェ(露天商)が並ぶ楽しい通だったのに・・・

セーヌ通り RUE DE SEINEはサンスルピス通りから始まり、サンジェルマン大通りと交差、ビュシー通り交差、セーヌ河まで通じている長さ665メートルの通り。

この通りは、サンジェルマン大通りとビュッシーBUCI通りの間は食材屋さんとスーパーそれからホテルが2つ、ビュッシーBUCI通りを過ぎて少し歩くと"画廊"通りに。サンシュルピス通りとサンジェルマン大通りの間には昔、マストラヤンニが住んでいて生前はよく散歩をしていましたが美味しいお菓子屋のジェラル・ミュロがあります。その向かいはジェーン・バーキンをはじめ芸能人の顧客が多い美容室。

最近、有名なチョコレートの職人ピエール・マルコリーニのお店が出来たり、スペイン高級食材屋が出来たり・・・ポールが数年前にこの道にオープンしてからかなり雰囲気が変わってしまいました。








*ジェラル・ミュロ@Paris
*ピエール・マルコリーニ
*PIERRE MARCOLINI
by naobossa | 2005-02-04 20:27 | 【サンジェルマン界隈】 | Trackback(1) | Comments(0)

■家禽vollaille専門店

パリ、サンジェルマンのセーヌ通りにある”家禽"vollaille専門店です。


サンジェルマン唯一の"家禽"volaille専門店になってしまいました。この通り、いつの日からかお洒落な食材店が並ぶようになり、魚屋さん、露天常設市場もほとんどいなくなり・・・
角にポールが1世紀前から存在しているような店構えをしてますが出来たのは最近。
古いサンジェルマンが消えつつあります・・・・
by naobossa | 2005-02-04 11:03 | 【ブティック、スーパー】 | Trackback | Comments(2)

クレープ三昧

いやぁ~もう当分クレープはパス!

しょっぱい"くれーぷ"2枚、あま~い"くれーぷ"2枚は多すぎました!はっきりいって・・・美味しかったけれど。

【ハム、チーズ、卵のクレープ】


*出来上がり
【マロン・クリームのクレープ】


*中身

この他に、ブラック・チョコレートのかけらを一杯入れたクレープ!

このクレープの生地に少しだけ入れると美味しくなるものがeau de fleur d'oranger(オレンジの花を搾った汁)

*マロン・クリーム



このブログはジャンル別人気ブログランキングベスト100にも参加しています。
by naobossa | 2005-02-03 20:50 | Trackback | Comments(5)