人気ブログランキング |

フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

<   2006年 06月 ( 51 )   > この月の画像一覧

今日のラジオのニュースから・・・
フランスは、イタリアと並んでヨーロッパで最もアブリコの生産高が多い国なんだそうですが、フランスと比較するとイタリアは生産の半分を加工食品として利用。
フランスは生産高が多いのにもかかわらず、アブリコの人気はいまいちなのが現状なんだそうです。

より多くの人たちにアブリコを食してもらおうと、アブリコ生産者達がフランスの主要都市のキャフェやラウンジバーにて無料配布するそうです。(ラジオでは今日、と言ってましたが、場所や詳細は伝えてませんでした。)

若い人たちのインタビューを放送してましたが、全般的に、『果物は高い』『独りでは買わない(親が買っていたから食べたけど・・・』という答えが多かったみたいです。フランスでの一般的なアブリコの価格は1キロ4〜5ユーロなんだそうです。(僕が利用しているパリのマルシェでは2ユーロ弱ですが)


■今日のマルシェから


【参考サイト】
Abricot-http://fr.wikipedia.org/
by naobossa | 2006-06-23 18:19 | ■食情報 | Trackback | Comments(4)
夏を告げるFETE DE LA MUSIQUE2006(第25回)を少しだけ楽しんで、日本から来た友達と、ちと込み入った話をするために、彼のリクエストでオペラ界隈の噂の日本人経営ワインバーに・・・

心地いいボサノバを聴きながらのワインとタパス風おつまみに満足。

食器はベルナルド,ナイフ・フォークはクリストフル、グラスはリーデル社製なんだそう。100種類以上のワインの中から割とリーズナブルなサンテステフ(ボルドー)の2000年を選びました。

照明がかなり暗いので、画像が・・・すみません。(このお店の前に、キャフェ、レストランで既にワインとビールを飲んでいたので、かなり画像が酔っぱらってるかも)








by naobossa | 2006-06-22 22:16 | ■キャフェ&レストラン | Trackback | Comments(0)
先日、エキサイトニュースの『世界びっくりニュース鯨料理店の新メニュー「フライド・クジラバーガー」、評判上々』を読んで、クジラの肉を使ったハンバーガーの存在を知りました・・・

記事によると・・・

このハンバーガーは『千葉県・和田町にある、小さなクジラ料理店が考え出したバーガーだ。「フライド・クジラバーガー」は鯨肉のフライ、サラダ用野菜を使用し、マヨネーズとケチャップをベースとしたソースをかけてパンで挟み込んだもの』

『フライド・クジラバーガー、クジラカツレツ・サンドイッチのお値段はどちらも1300円となっており、和田町を拠点として活動する捕鯨船が捕獲したツチ鯨の肉を使用している』なんだそうです。

『日本は1986年に商業捕鯨を停止したが、絶滅危惧種の保護が必要であると主張し、その翌年には調査捕鯨をスタートした。しかしミンク鯨などは捕鯨頭数を制限しなくてもいいほど、十分な数が生息している。

「クジラの数は現在、生態系を脅かすほどに増えている。私はもっと捕鯨頭数を増やしてもいいと思っています」とマツナガ氏はコメントしている』そうです。

僕自身は、クジラ、イルカ(誰かが食べたという話すら聞いた事がありませんが・・・)、サル、ハト、ウサギ、犬、猫、人間を現在食するのは拒否してます。(このリストは増える可能性が大)

最近やたらとフランスのニュースでは日本の捕鯨問題が伝えられており、日本側からちゃんとしたコメントや情報をメディアに発表してほしいなぁと感じます。
フランスのニュースの伝え方もかなり偏見があったり、その時の政治関係、政治力などによって、かなり内容が変形されるような事が起きるのですが、今回は、捕鯨問題の国際サミットで日本が日本の援助(お金)を必要とする国際捕鯨委員会(IWC)に参加している一部の国の票を買い取っている、研究目的ではなく食する事が目的としてというような内容でした。


【参考サイト】
『捕鯨推進派である日本国内にも、捕鯨反対派NGOが存在することや、捕鯨問題を扱う国際捕鯨委員会に捕鯨をしたことのない国家が参加していることなどが、問題を複雑にしている』捕鯨問題-出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

-国際捕鯨委員会-出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

-Commission baleinière internationale-http://fr.wikipedia.org/wiki/

-http://www.iwcoffice.org/

-クジラ目-出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



Copyright © 2006 All Rights Reserved画像・文章の無断転載転用を禁止します
All trademarks and copyrights on this page are owned by naoparis.
by naobossa | 2006-06-21 19:32 | ■食情報 | Trackback | Comments(0)
■今日のマルシェから(ラスパイユ、パリ)_a0014299_1653196.jpg


■今日のマルシェから(ラスパイユ、パリ)_a0014299_16534328.jpg


■今日のマルシェから(ラスパイユ、パリ)_a0014299_1654719.jpg


■今日のマルシェから(ラスパイユ、パリ)_a0014299_1654319.jpg


■今日のマルシェから(ラスパイユ、パリ)_a0014299_16545664.jpg




今日の収穫は・・・
■今日のマルシェから(ラスパイユ、パリ)_a0014299_16594066.jpg


グレープフルーツpamplemousse×3
アンディーヴendive×2
杏abricot×6
林檎pomme×4

合計4,69ユーロでした

季節の果物をほとんど無視した収穫でしたね〜
by naobossa | 2006-06-21 17:07 | 【マルシェMARCHE】 | Trackback | Comments(2)

■サンジェルマンのPAUL

何だか、ずーっと昔からここに逢ったような感じですっかり町並みに馴染んでますが、それほど古くないんですよね。
以前は、G20という名前のスーパーでした。ちょくちょく利用していたのですが、ある日突然消え、PAULが出現したんですねぇ・・・










【パリのPAULチェーン店(フランチャイズ)リスト】
http://www.paul.fr/magasins/recherche.php#resultat


by naobossa | 2006-06-21 08:56 | 【パン】【街角のパン屋】 | Trackback | Comments(2)
昨日の朝、突然ボルドーから出張で来たウチの彼女に叩き起こされました・・・

ドアを開けたらいきなり"ミュローの菓子パン"を差し出したウチの彼女(笑)

■ミュローMULOTの菓子パン_a0014299_1742980.jpg


■ミュローMULOTの菓子パン_a0014299_1745883.jpg


■ミュローMULOTの菓子パン_a0014299_1751819.jpg


朝、突然起こされても"美味しい菓子パン"と一緒なら許せます(笑)



MULOT

■パリに新しい美術館誕生LE MUSEE DU QUAI BRANLY
by naobossa | 2006-06-20 17:13 | ■食情報 | Trackback | Comments(4)
FOODING2005ビストロ部門のトップ(Yves CAMDEBORDEオーナーシェフ)に輝いたこの店・・・

現在、シェフのYves CAMDEBORDE(Christian Constant のセカンドとして10年間Hôtel de Crillonで働いた後、2005年5月LA REGALADEをオープン)の料理は夜しか食べられなくて、予約で一杯なんだそう。昼間はキャフェとして営業。(10時〜18時)

評判がいいだけでなく、本当、元気がいい。知らない間に、隣の文房具屋(いい店だったのですが)まで買い取って、クレープ屋さんにしてしまった。すごいなぁ〜(ホテルも一緒に買ったんでしょうね〜)

■LE COMPTOIRE(オデオン75006PARIS)_a0014299_19154562.jpg


ビストロ営業時間は19時30分から23時。メニューは40ユーロひとつのみ。
要予約


【関連記事】
LE COMPTOIRE
FOODING
by naobossa | 2006-06-19 19:33 | ■キャフェ&レストラン | Trackback | Comments(0)
リュクサンブルグ公園内にはキャフェが2つ(*正確には3つ)ありますが、こちらはセルフタイプのキャフェ(buvetteビュヴェット)・・・

*もう一軒、ペタンク場の脇にありますが、テーブル4つくらいのアイスクリームがメインのキャフェ(buvetteビュヴェット)

コーヒーはかなり不味い(しかもプラスティックカップgobelet)、場所代と思った方がいいかもです。雰囲気は最高ですが・・・
■リュクサンブルグ公園のキャフェ(セルフ)_a0014299_19383879.jpg


■リュクサンブルグ公園のキャフェ(セルフ)_a0014299_1939737.jpg






正面入り口側に近い方のキャフェ(このエリアはワン公と一緒に入園出来ます)


by naobossa | 2006-06-18 19:58 | ■キャフェ&レストラン | Trackback | Comments(2)
下記パリ市サイトのパリ市内の朝市(生鮮食品)リストが掲載されています。(中には、午後に立つ市場もありますのでチェック!)

Les marchés fruits et légumes par arrondissement-http://www.paris.fr/

パリ5区のベトナム食品店の店頭
■パリの市場(MARCHE)リスト_a0014299_6502091.jpg


最近のサンジェルマンの八百屋
■パリの市場(MARCHE)リスト_a0014299_6513843.jpg


パリでは月曜日に閉まる商店・市場(生鮮食品店)がかなり多いので、要注意。
時間がない旅行者の方の場合はかなり高めでも、AU BON MARCHEの食料品館のようなところが便利かもですね。
by naobossa | 2006-06-18 06:59 | 【マルシェMARCHE】 | Trackback | Comments(2)

■韓国製"あんこ"

先週の日曜日に、ギョウザと一緒に初めて買ってみました。



■韓国製\"あんこ\"_a0014299_605978.jpg



フルーツはフランス製缶詰ものです。
■韓国製\"あんこ\"_a0014299_62112.jpg


大満足!

ボルドーでは皆さん頑張って中国産の小豆を一所懸命煮てますが、この缶詰があったらわざわざ作らなくてもいいかもと思える価格。(はっきり覚えてませんが、2ユーロちょっとだったという記憶が・・・)
by naobossa | 2006-06-18 06:08 | ■食情報 | Trackback | Comments(4)