人気ブログランキング |

フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

タグ:イタリアン ( 26 ) タグの人気記事


いずれも徒歩7、8分圏内です。
■ウチの近くのイタリアン(1)

ギザルド通り(パリ6区GUISARDE75006)



マビヨン通り(パリ6区MABILLON75006)


モンフォコン通り(パリ6区MONTFAUCON75006)


シゾー通り(パリ6区CISEAUX75006)



サンスルピス通り(パリ6区ST-SULPICE75006)


キャトル・ヴォン通り(パリ6区QUATRE-VENTS75006)

食材・ワイン屋


グレゴワール・ドゥ・トゥール(パリ6区GREGOIRE-DE-TOURS75006)



セーヌ通り (パリ6区SEINE75006)


食材・総菜屋


ビュッシー通りBUCI(パリ6区75006)

食材・総菜屋


ロビノ通り(パリ6区LOBINEAU75006)
食材・総菜屋

マルシェサンジェルマン内

番外編で・・・
ウチから徒歩20分ですが、パスタが美味しいので加えておきました。
モンターニュ・サントゥ・ジュヌヴィエーヴ(パリ5区MONTAGNE SAINTE GENEVIEVE 75005 )


by naobossa | 2006-05-01 01:52 | ■キャフェ&レストラン | Trackback | Comments(0)
by naobossa | 2006-04-07 20:59 | ■キャフェ&レストラン | Trackback | Comments(0)

【LE MONTEVERDI】
この場所にオープンして36年。気さくなオーナーCLAUDIO MONTEVERDIが笑顔で迎えてくれます。

今回のイタリアンのチョイスの条件は、ピザではなく美味いパスタが食べたいという事。最近、美食家の友達がこのお店で食事をしてかなり美味しかったと言っていたのでこの店に決めました。

店内は、入って直ぐがカウンターでバーにもなっています。オーナー自ら席に案内してくれて、ソファ席、テーブル席とありましたが、僕たちはグランドピアノのすぐ脇のテーブルに決めました。








前菜
CAPONATA DI MELANZANE(ナスとモッツアレラが美味)



12ヶ月熟成のプロシュートとMOZZARELLA



アボカド、赤ピーマン、モッツアレラ



メイン
PENNE ALLA SICILIANA(ナスとペネのハーモーニーが絶妙)

SPAGETTI ALLE VONNGOLE(アルデンテのパスタに感激)

FIENO(緑・白パスタをクリームで絡め松の実を散らべて)

デザート
PANNA COTTA(幸せを感じます)

TIRAMISO(毎日でも食べたい!)

シャーベット(バナナ、メロン、青リンゴ)








砂糖が面白い!



コーヒーもとても美味しくて大満足のソワレでした。ごちそうさまでした!!
ちとお勘定はサレ(SALEサレ、フランス語で"しょっぱい”は”高い”の意味でも使われます)でした?
まぁ、この場所でこの食材と丁寧なサービス、ピアノの生演奏を聞きながら3人での食事だったら妥当なお値段でしょうね。

by naobossa | 2006-04-06 19:58 | ■キャフェ&レストラン | Trackback | Comments(2)

■SUBITO

ヴァンドーム広場の直ぐ近くでブティックを経営する(デザイナー&コンセプター)とブランチ・・・

いつものように、マルシェで果物を買って重いビニール袋を下げての帰路。サンスルピス広場で久しぶりに僕の大好きな香水(サンタマリア)をフランスで独占販売しているデザイナー&コンセプターの友達とばったり。

「最近、サンジェルマン界隈がいまいち面白くなくてさあぁ〜」なんて会話から彼も「10年前からもう面白くないよこのカルティエは」・・・なんてサンジェルマン界隈の悪口。

彼も僕もお互いに25年以上サンジェルマンに住んでいて、彼はサンジェルマンにもブティックを持っているのですが、最近の変貌にかなりうんざり状態。お互いにサンジェルマンが大好きなだけに悪口のオンパレード。

突然彼が・・・

「お前、僕の新しいブティックにまだ一度も寄っていないじゃないの!これから連れて行ってあげるよ。」って。

僕はマルシェで買った果物の入った黄色とブルーのビニール袋を持ったままパリの高級店がひしめく界隈には行きたくないと一度断ったのですが、この日はもう絶対に連れて行くと決めた彼、いきなりタクシーを止めて僕のことを押し込みました。

前置きが長〜くなってしまいましたが、ヴァンドーム広場のすぐ近くでまずブランチをということになり美味しいイタリアンコーヒーがいいか?フランスがいいか?と訊かれイタリアンの気分だなぁということで最近出来たお店に入りました。

f0063227_2243542.jpg
f0063227_22551.jpg
f0063227_2252692.jpg
f0063227_2255672.jpg
f0063227_2261869.jpg
f0063227_2264444.jpg
f0063227_22544120.jpg
f0063227_2255828.jpg
f0063227_2271474.jpg


まずは店員のサービスの良さにびっくり。

ブランチはコーヒー、絞り立てのオレンジジュース、ミニサイズのサンドイッチなどから3つ選べて3、30ユーロー!!サンジェルマンでクレーム(カフェオレ)一杯も飲めない値段にこれまた驚き。

僕はコーヒーとオレンジジュースだけでしたのでサンドイッチがおいしいかどうかは分かりませんが、コーヒーはマジに美味しかったです。ジュースもオレンジの粒がいっぱいで・・”新鮮”しっかりを飲み込みました!!

こんなお店がウチの近くにあったら絶対に常連になるでしょう・・・
by naobossa | 2006-02-12 22:49 | ■キャフェ&レストラン | Trackback | Comments(2)
このシゾー通り Rue des ciseaux は僕にはかなり縁のある通り・・・

今は昔の面影は全くありませんが・・・

日本レストラン『築地』(お寿司だけ)が1980年代から頑張っています。日本人経営、日本人の板さん、味は本物です。

1970年代は、シャーリーレーン(ディスコ)でサンジェルマン大好き人間たちは明るくなるまで踊り、サテンドールという名前のレストラン・ディスコバーにはよくアルカザールの踊り子が仕事の後ご飯を食べに来ていました。ここで短い間ですが、ピアノを弾いたりレコード(その当時はCDはありませんでしたから・・・)をかけたり・・・朝まで仕事をしていました。

現在この通りには、先程の和食以外に、韓国料理、中華料理、日本の名前がついた料理屋(内容は知りません)、フランスレストラン・バー『Petula Café』www.fra.cityvox.com、BIO食材をつかった軽食レストラン、ピザ屋、有名デザイナーが2年程前にオープンさせた山小屋風のブティックなどがあります・・・

Japon à Paris-www.jipango.comwww.jipango.com

■シゾー通り Rue des ciseauxから臨むサンジェルマン教会・・・




昔に比べると、全てが高くなったサンジェルマン界隈で・・・

簡単な食事がしたいけどサンドイッチやファーストフードは嫌!という人にお勧めは、この通りの角にあるピザ屋さん。





しっかり使い込んだ窯で焼いてくれるピザ!

地上階で普通に座って、ウェーターに注文するのではなく、レジで先に注文・お金を払い、レシートを窯の前にいるお兄さんに渡します。ここで、「お持ち帰り?」と尋ねられますので、「下で食べます!」(言えない場合は、階段を指差せば大丈夫^^英語でも大丈夫!)と言えば、「席について待っててください。」と言われ地下に降ります。(ナイフ&フォーク、コップ、紙ナプキンが用意されてます)
しばらくすると、焼きたてのピザが運ばれてきます!(普通のサービスとかわらない!)
これで、サービス料&TVA(付加価値税)を引いてくれるわけですから嬉しい限りです。

もちろん、テイク・アウトして(ちゃんと切ってもらうのを忘れないように^^)、公園やセーヌ河畔で食べるのもこれからの季節は最高ですが・・・
by naobossa | 2005-04-21 16:52 | 【サンジェルマン界隈】 | Trackback | Comments(2)
この通りはウチの通りと同じくらいレストランが並ぶ賑やかなサンジェルマンの路地・・・

  
Chez Georges 開業1952年・・・最近は全然お世話になっていませんが、昔は夜中にウチで友達とお酒を飲んでいて・・・「あれ?もう1本もワイン残ってないよ~」といった時に、このお店にワインを買いに行ったものです。気軽にグラス・ワインを飲めるお店。古~いサンジェルマンの匂いがします・・・



Chez Georges のほとんどむかえにあるこのイタリアン・・・パスタが安心して食べられる数少ないレストランのひとつ。(パリのイタリアンのパスタは本当に不味い!アルデンテ・・・という言葉は存在しません。)イカ墨スパゲティーも時々メニューにお目見えします。






ウチのとおりを真っ直ぐ行くとこのcanettes通にぶつかりますが、ぶつかって左に折れたらサンシュルピス広場。このキャフェはサンシュルピス広場に面している(今では数少ない)昔のサンジェルマンが残っているキャフェです。天気のいい日はテラス席で、ゆっくり読書したい時は1階に上がって(1階は全席禁煙・・・)。

サンシュルピス広場の先の小さい路地にマン・レイのアトリエがありました・・・

*以前ご紹介したオニール 0'NEILもこの路地にあります。


【LE CAFE DE LA MAIRIE 】関連記事

by naobossa | 2004-11-08 19:37 | ■キャフェ&レストラン | Trackback | Comments(2)