人気ブログランキング |

フランスでめぐり合う普段着の"食"をほぼ毎日ご紹介しています。

by naobossa

タグ:フランス料理 ( 10 ) タグの人気記事



▼The Japanese Chef conquers the French Kitchenパリ・レストラン・ガイド2014パリで話題の24人・新旧レストランMAP──パリ・レストラン・ガイド2014

http://gqjapan.jp/life/restaurant-bar/20140523/japanese-chef-3



The Japanese Chef conquers the French Kitchenパリで輝く日本人シェフたち──パリ・レストラン・ガイド2014

▼本城 昂結稀(たかゆき):ES

http://gqjapan.jp/life/restaurant-bar/20140620/japanese-chef-2



▼奥田 透:OKUDA

http://gqjapan.jp/life/restaurant-bar/20140620/japanese-chef-2/page/2





▼渡邉卓也:JIN 仁

http://gqjapan.jp/life/restaurant-bar/20140620/japanese-chef-2/page/3




▼小林 圭:Restaurant Kei

http://gqjapan.jp/life/restaurant-bar/20140620/japanese-chef-2/page/4



▼佐藤伸一:Passage 53

http://gqjapan.jp/life/restaurant-bar/20140620/japanese-chef-2/page/5


▼吉武広樹:Sola

http://gqjapan.jp/life/restaurant-bar/20140620/japanese-chef-2/page/6



▼平松宏之:Hiramatsu

http://gqjapan.jp/life/restaurant-bar/20140620/japanese-chef-2/page/7


▼相田康次:AIDA

http://gqjapan.jp/life/restaurant-bar/20140620/japanese-chef-2/page/8



▼大宮敏孝:L'Agapé

http://gqjapan.jp/life/restaurant-bar/20140620/japanese-chef-2/page/9



▼山岸啓介:étude

http://gqjapan.jp/life/restaurant-bar/20140620/japanese-chef-2/page/10




▼篠塚 大:Les Enfants Rouges

http://gqjapan.jp/life/restaurant-bar/20140620/japanese-chef-2/page/11




▼沖山克昭:Abri

http://gqjapan.jp/life/restaurant-bar/20140620/japanese-chef-2/page/12



▼田中 淳:Restaurant A.T

http://gqjapan.jp/life/restaurant-bar/20140620/japanese-chef-2/page/13




【VIDEO】Les chefs cuisiniers japonais brillent a Paris


【パリで活躍する日本人シェフ】La folie des chefs japonais a Paris(パリ)



【VIDEO】【パリで頑張る日本人シェフ】



【楽天ブックスならいつでも送料無料】GQ JAPAN (ジーキュー ジャパン) 2014年 08月号 [雑誌]




【GQ JAPAN】コンデナスト・ジャパンFujisan.co.jpの定期購読 × 楽天ブックス


【楽天ブックスならいつでも送料無料】GQ JAPAN (ジーキュー ジャパン) 2014年 08月号 [雑誌]






GQ JAPAN (ジーキュー ジャパン) 2014年 08月号







【楽天ブックスならいつでも送料無料】GOETHE (ゲーテ) 2014年 08月号 [雑誌]

【内容紹介】
特集 ゲーテ・レストラン大賞 ゲーテイストSPECIAL
13人の有名経営者が選ぶ209軒
溺愛レストラン

アンジャッシュ 渡部 健
GMインターネット 熊谷正寿 ネクシィーズ 近藤太香巳 グリー 田中良和
サマンサタバサ 寺田和正 ダイニングイノベーション 西山知義
テイクアンドギヴ・ニーズ 野尻佳孝 エフプレイン 平野岳史
サイバーエージェント 藤田 晋 SNS 堀江貴文 エイベックス 松浦勝人
ダイヤモンドダイニング 松村厚 LINE 森川 亮 ヤマノビューティメイト 山野幹夫


第2特集「24時間仕事バカ!」の心ゆさぶる腕時計2014


シリーズ 「24時間仕事バカ!」の熱狂人生
不屈の気概で役者の道を生き抜け
怒りを力に変えて 気骨で走り続ける粋男
俳優陣内孝則



【楽天ブックスならいつでも送料無料】GOETHE (ゲーテ) 2014年 08月号 [雑誌]



【GOETHE(ゲーテ)】Fujisan.co.jpの定期購読 × 楽天ブックス




GOETHE (ゲーテ) 2014年 08月号 [雑誌]





【楽天ブックスならいつでも送料無料】Michelin Guide France (in French) [ Michelin ]




【アマゾンAMAZON JAPON】Michelin Red Guide 2014 France: Hotels & Restaurants (Michelin Red Guide France)




ただいま予約受付中です。
【アマゾンAMAZON JAPON】France Michelin Guide 2015 (Michelin Guides)





【AMAZON FRANCE】Guide MICHELIN France 2014




Bientôt disponible.

【AMAZON FRANCE】France Michelin Guide 2015






【ミシュランGuide Michelin】関連記事



【Gault&Millau】関連記事


【グルメ】le prix Pudlo 2011(Gilles Pudlowski)


【グラン・シェフGRAND CHEF】

>>More
by naobossa | 2014-07-15 20:11 | 【グランシェフGRAND CHEF】 | Trackback | Comments(0)
▼Haute gastronomie Coréenne

【Restaurant Shin Jung】

54, Rue Mademoiselle
75015 Paris



▼Haute gastronomie coréenne pour 2 ou 4 personnes au Shin Jung dès 29 €


Entrées au choix
Raviolis grillés
Crêpes coréennes
Petite crêpe de Kimchi
ou Sauté de légumes aux vermicelles et au bœuf
***
Plats au choix
Bœuf grillé (120 g)
Porc grillé
Bibimbap chaud au bœuf
Poulet sauté aux légumes
ou Ragoût de tofu fin
***
Desserts au choix
Gingembre confit
Lychees
Yunyangang (pâte de haricots rouges)
ou Boisson à la cannelle


▼Bubble tea et gourmandises


【Babao】

8, rue Augereau
75007 Paris

▼2 ou 4 bubble tea et 2 ou 4 desserts au choix dès 7 € chez Babao






▼La Ribaudière : dîner étoilé à 2


【La Ribaudière】

2, Place du Port
16200 Bourg-Charente

▼Dîner oriental quartier latin


▼Menu gastronomique en 7 services au restaurant étoilé La Ribaudière, concocté par le chef Thierry Verrat pour 2 convives à 99 €


La mise en bouche du jour
***
Le cannelloni d’araignée et crabe dormeur aux mangues,
salade de fleurs comestibles, vinaigre balsamique Leonardi
***
Les cuisses de grenouilles cuisinées au sautoir comme chez Monsieur Loiseau, persil plat et ail doux
***
Le bouillon de bœuf comme un phô homard poché
***
La poitrine de pigeon de Monsieur Guilbot
rôtie en croûte de fruits secs et épices douces, couscous truffé
***
Le chariot de fromages affinés et chèvres fermiers de la région
***
La grande assiette de gourmandises

Le menu est à titre indicatif et change au gré des produits et des saisons.




▼Repas indien avec entrée, plat, riz et dessert pour 2 personnes, option kir royal dès 19 € chez Aarapana à deux pas de St Michel




Entrée (au choix) :
Soupe de lentilles
Salade verte indienne
Poulet tandoori
Legumes Pakora
***

Plats (au choix) :
Poulet Curry
Poulet Massala
Korma Special
Dal Makhani

Accompagné de riz au safran
***

Desserts (au choix) :
Halwa Suji
Kulfi

En option : kir royal

【Aarapana】
6, rue Petit Pont
75005 Paris







【Auberge Notre Dame】

69, Quai de la Tou
75005 Paris


▼2 ou 4 plateaux de degustation de fruits de mer, option champagne 1er cru des 29 euros a l'Auberge Notre Dame









【Don Camilo】

10, rue des Saints-Pères
75007 Paris


【MENU】


Boissons (pour les offres 2 et 4)
Kir royal en apéritif
Vin à discrétion
***
Entrées (au choix)
Terrine campagnarde
Saumon mariné
Saumon fumé (supplément : 4 €)
Foie gras (supplément : 10 €)
12 escargots (supplément : 4€)
***
Plats (au choix)
Pavé de thon aux cinq poivres
Saumon grillé à l’unilatérale
Sole meunière ou grillée (supplément : 15 €)
Loup à la provençale de 500 g (supplément : 20 €)
Bavette d’Aloyau
Magret de canard
Andouillette 5A
Filet de bœuf grillé (supplément : 10 €)
Filet de bœuf grillé au poivre vert (supplément :15 €)
Tournedos Rossini (supplément : 20 €)
Carré d’agneau à la fleur de thym (supplément : 5 €)
***
Desserts (au choix)
Tarte aux pommes
Glace ou sorbet
Mystère
Crème caramel





▼Dîner spectacle pour une ou deux personnes dès 39 € au cabaret parisien Don Camilo, situé au cœur du 7e arrondissement





【MUSEE D'ORSAYオルセー美術館】


by naobossa | 2013-06-30 19:05 | 【今日の得するグルメ情報】 | Trackback | Comments(0)
by naobossa | 2012-08-21 08:00 | 【VIDEOで見るフランス料理】 | Trackback | Comments(0)
【インフォメーション】
参加ご希望の場合は、2週間前までにお申込みください。
パリ滞在中、フランス人に混じって、パリ市内のお料理教室に参加してみませんか?7月、8月も、休まず開講しています。
グループの場合は、随時、ご相談を受け付けています。

【パリの教室の住所】
▼Penthièvre ・・・ 10 rue de Penthièvre 75008 Paris

▼Lafayette Maison ・・・ 35, boulevard Haussmann 75009 Paris (ギャラリーラファイエットの地下1階)

▼BHV - Rivoli ・・・ 55, rue de la verrerie 75004 Paris (BHV本店3階)

▼Printemps Nation ・・・ 21, Cours de Vincennes 75020 Paris (プランタン・ナショオン4階)

▼Saint Lazare ・・・ 20, rue St Lazare 75009 Paris

▼Péclet ・・・ 27, rue Péclet 75015 Paris



▼詳細:日本語



pub



pub




pub

by naobossa | 2011-08-20 19:17 | 【学ぶ】 | Trackback | Comments(1)
by naobossa | 2010-11-19 22:10 | ■食情報 | Trackback | Comments(1)
料理学校からのお裾分けで・・・・『Pot-au-feu』をもらった。


やっぱ・・・・美味しい!好きな料理のひとつです。

P2400084
P2400084 posted by (C)naoparis

P2400085
P2400085 posted by (C)naoparis

P2400086
P2400086 posted by (C)naoparis

P2400091
P2400091 posted by (C)naoparis

P2400092
P2400092 posted by (C)naoparis

P2400088
P2400088 posted by (C)naoparis



☆PHOTO画像をSlideで見る


ポトフ
http://ja.wikipedia.org/

Pot-au-feu
http://fr.wikipedia.org/


【レシピ】
Pot au feu : 38 recettes
http://www.750g.com/


Pot au feu
http://www.supertoinette.com/

【VIDEO】
Pot-au-feu de joue de boeuf


Recette video : Abdel et Maggi, recette de pot au feu pret en 30min











『パリ生活情報掲示板』へどうぞ!

>>>>More
by naobossa | 2010-06-11 17:43 | ■食情報 | Trackback | Comments(1)
3週間ほど『ベーシックフランス料理』(バター、クリームたっぷりで調理された肉類)が続いて・・・ウチ2人・・・けっこう、胃もたれ。

活躍したのが・・・

P2440144
P2440144 posted by (C)naoparis

P2440145
P2440145 posted by (C)naoparis

コーラも・・・

フランスでは腸風邪ガストロのときに勧めるお医者さんもいる。軽度の風邪・頭痛にも効果があるよう。

P2360204
P2360204 posted by (C)naoparis


P2350941
P2350941 posted by (C)naoparis

【フランスでめぐり合うコーラ】














 






200px-Coca-Cola_logo.svg

『ジョージア州アトランタを拠点に活動するジョン・S・ペンバートン (John S. Pemberton) がいた。南北戦争で負傷したペンバートンはモルヒネ中毒になっており、中毒を治すものとして当初注目され始めたコカインを使った薬用酒の開発を思いついた。この種の薬用酒には既に類似品が多く出回っていたので、ペンバートンは、ワインにコカインとコーラのエキスを調合したフレンチ・ワイン・コカを精力増強や頭痛の緩和に効果のある薬用酒として1885年から売り出した。

フレンチ・ワイン・コカは「ドープ(dope=麻薬)」と言う渾名で人気を博したが、やがてコカインの中毒が問題となるとともに、禁酒運動の席巻によりフレンチ・ワイン・コカが売れなくなる恐れが出てきた。そこでワインに代えて炭酸水の風味付けのシロップとして売り出すことにして、ペンバートンのビジネスに参加した印刷業者のフランク・M・ロビンソンによってコカ・コーラと名づけられた。このコーラは1886年5月 8日に発売されている・・・

その原液は、アメリカ合衆国で調製されて世界中に広く輸出されており、世界各地のボトリング会社によってコーンシロップ、砂糖などで薄められ、更に炭酸水で割られて、瓶詰め・缶詰めされ販売される。風味はトップシークレットの香料7xと柑橘系およびスパイス系のフレーバー7~8種類程度の配合によるものと言われる。 7xの成分はコカ・コーラ社のトップシークレットであり、成分を知っているのは最高幹部のみである。脱コカイン処理されたコカの葉が成分の一部として含まれる。』

コカ・コーラ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Coca-Cola
http://fr.wikipedia.org/

200px-Pepsi_logo_2008.svg

ペプシコーラに新味「バオバブ」
http://www.j-cast.com/


『ペプシコーラは、1894年にアメリカ合衆国ノースカロライナ州の薬剤師ケイレブ・ブラッドハムが消化不良の治療薬として売り出した飲料に起源を発する。当初の処方では消化酵素のペプシンが含有されていたので、1898年にペプシンに因んでペプシコーラと名前を変更した』
ペプシコーラ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Pepsi-Cola
http://fr.wikipedia.org/

Virgin_cola_logo

『強力なブランドを求めていたカナダの飲料品会社コット(Cott)と新規事業への進出を求めていたヴァージンが協力して開発し、コカ・コーラ、ペプシコーラ等のアメリカ製品に対抗して1994年にイギリスで発売され、西欧や南アフリカなどでも販売する。さらに1998年にはアメリカでも販売するが、後に撤退する。』

ヴァージン・コーラ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Virgin Cola
http://fr.wikipedia.org/

【今日の気になる】

 

【気になる】iPad の販売台数が100万台を突破

>>More

by naobossa | 2010-05-04 22:41 | ■食情報 | Trackback | Comments(1)
20歳のとき、自宅前で襲われ鉄のパイプで殴られ3日間意識不明、奇跡的に生還。
ヴェトナム料理を絶賛する3ツ星グランシェフOlivier Roellinger(Maisons de Bricourt)のインタビューVIDEOが期間限定で無料視聴できます。

まずは下記をクリック・・
http://jt.france2.fr/13h/
ページが開いたらMercredi 23 をクリック
そして・・
Invité des 5 dernières minutes: Olivier Roellinger 13h39m00s をクリック。
自動的に再生スタートします。

http://www.maisons-de-bricourt.com

Olivier Roellinger(né à Cancale le 14 septembre 1955)
http://fr.wikipedia.org/

Trois Etoiles de Mer




■街角のサクラ4月23日(パリ)

by naobossa | 2008-04-24 07:00 | ■食情報 | Trackback | Comments(0)
今朝のラジオニュース(FRANCE INFO)から・・・

ニュースによると、アメリカの食マガジンSAVEURが毎年発表しているFavorites From the World of Foodでフランス人シェフがTOP1に選ばれたそう。
シェフはJEAN-LUC RABANEL。インタビューを受けてました。


ネットでちと調べてみたのですが、不思議は・・・'Saveur 100:' Favorites From the World of Food by Michele Norris では

The Saveur 100
1. La Chassagnette Restaurant – Arles, France

となっていてます。JEAN-LUC RABANELシェフは昨年末既にこのレストランを辞め(スポンサーグループから解雇されたという話も)独立、下記のレストラン(ビストロ)のオーナーシェフなんですが・・・
L 'ATELIER DE JEAN-LUC RABANEL
7 RUE DES CARMES
13200 ARLES

席数35、お昼は17ユーロ(ワイン込み)、ビストロタイプのようです。
http://www.lefooding.comによると、

昼食déjeuner

前菜entrée + メインplat + dessert = 37 €
前菜entrée + グラスワイン1 verre de vin = 17 €
メインplat + グラスワイン1 verre de vin = 20 €
デザートdesserts = 12 €.

ディナーdiner
メニュmenu à 50 €

定休日:日曜日夜と月曜日


【関連サイト】

http://www.cuisine-francaise.com/fiche-restaurant-l-atelier-de-jean-luc-rabanel-arles.htm

http://jlrabanel.free.fr/

http://mediterranee.france3.fr/emissions/lacuisinedacote/emissions/2004/5690252-fr.php

http://www.lhotellerie.fr/lhotellerie/Recettes/Epicuriennes/E_2927_02_Juin_2005.htm

http://www.rabanel.com/

http://www.cuisinetc.com/

http://www.maitrescuisiniersdefrance.com/fr/mcf_read.php?id=55b4d83dc27431345ae129f9e53f6c9f5b78e1a2
by naobossa | 2006-05-26 19:42 | ■キャフェ&レストラン | Trackback | Comments(0)
先日、突然友達から電話で(まぁ電話は突然かかるのですが)・・・

『知り合いがレストランオープンしたの!フランス料理なんだけど、ルドワイヤンLedoyenで腕を振るっていた日本人をシェフに迎えたとのことで期待できるわよ!!』

って・・・。

誘われたの昼食。しかもフレンチ?

僕はレストランで食べるフランス料理が苦手(ビストロ料理は大丈夫ですが)。しかも昼食!ほとんど断りモードだったのですが、僕の味好みを良く知っている20年来の食友、しかもかなりしつこく誘うので行くことにしました。

お店についてまず思ったのが、リラックスして食べられる雰囲気で僕好み。メニューと黒板に書かれた”今日のおすすめ”を見て、いきなり唾が出始めました。(勝手な奴!数行前にフレンチは嫌いだって書いただろう!って指摘されそうですが・・・)

メニューの中に書かれている”日本もの”に一瞬びっくり・・・

AOJISO、AONORI、MISO、GOMA、UME、MATCHAなどなど

面白そう!!

前菜の中に”蛸サラダ”があったり、メインに”スペアリブ(ポワトリンヌ)””牛の頬肉の煮込み”があったり、デザートには”抹茶風味のクレーム・ブリュレ”!!












お店のカードに記されていた”フランス風ZEN料理”ってどういうことなんですかとディレクターの栗本さんに尋ねたら・・・

『このお店を一言で説明したら、今フランスで流行のフージョン?ワールド?フーディング?なにか違う。でもこのお店を始める前に、今フランス人が使っているZENという言葉を調べたことがあるんですよ。その説明の中に、自由のエスプリ!!っていう解釈に巡り会ってまさしくこれだわ!!って思ったんですよ』って・・・

ルドワイヤンLedoyen仕込みの神谷シェフが激選した食材(お店で出されているすべての魚は”刺身”で食べられる鮮度!)、お肉もパリで指折りのお肉屋さんのものを気軽にこのお値段で!!見事なワインリストに驚いていたら、特別にお料理にあわせて知り合いのエノローグ(醸造学者)に選んでもらったワインたちなんですって。

納得です。

またあの口の中でトロリと溶けてしまうようなマデルソースのかかった頬肉、鯛のマリネ・・・チョコレート、バニラ、アーモンド、ピスタチオ風味のクレーム・ブリュレが食べたい!!

お昼ご飯に長い時間かけてしまいました。(3時間!)

追記:fuchsia24さんがオープンほやほや ”ZEN”なフレンチレストランという記事でこのレストランのことを書かれているので是非ご覧になってくださいな!!



PHOTO:
▼あっさりしたフランス料理に感激!


▼トラベルページ(4travel)




▼PHOTO画像を【Picasa】で見る




▼Namiki ナミキ~パリ2区 日本人シェフのビストロ




http://www.bistro-paris.net/2008/10/namiki2.html





▼Namiki

http://www.newsdigest.fr/newsfr/gourmet/restaurants/1er/100-namiki.html
by naobossa | 2006-02-17 19:37 | ■キャフェ&レストラン